カテゴリー別アーカイブ: 権利擁護

オンライン個別相談を開始します

以前からずっと迷っていたのですが、現在の様々な状況を考えてオンライン個別相談を開始することにしました。

これまでは、ご相談の入り口である個別相談は対面(実際にお会いしてお話する)という形をとってきました。
しかし、東京近郊以外の方からもご相談のメールをいただいていて、メールで解決する内容であればメールで行っていました。
メールでのやり取りですと、文章にすることで言葉のニュアンスがうまく伝わらなかったり、お客様の表情が見えないのでお悩みの本質が分かりにくいこともあり、「どのようにしたら良いのかなあ・・」とずっと考えておりました。

今回のコロナウイルスの自粛生活が続く中で、皆さまもオンラインで会話することやツールの使い方などに慣れてきて必ずしも実際にお会いしなくてもサポートは出来るのでは?と思い始めました。

オンラインで出来る様々なサービスも検討していますが、まずは個別相談のオンライン化を行って行くことにしました。

とはいえ、私もまだ不慣れな点もあるので、今日から7月までは特別料金にて実施いたします。

60分の基本相談をオンラインで行います。
8,800円のところ、7月31日までは5,500円の特別料金です。
1か月に3名までとします。
Skype(スカイプ)やZOOM(ズーム)等で行います。
その他の方法でも可能です。メールの際にご相談下さい。

ホームページのお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。
ご相談内容に【オンライン相談希望】と入れて下さい。
相談日の候補を3日から5日ほどお知らせ下さい。
相談時間は10時から15時までの間となります。

ぜひ、お問い合わせなどお待ちしております。

 

成年後見人はつける必要があるのか? その3 【誰が成年後見人になるの?】

成年後見人についてのシリーズのその3です。

その1 プロローグ
その2 そもそも成年後見人とは?
も、合わせてご覧ください。

知的障がいのある人や認知症の人に、成年後見人が必要になったら誰がなるのか?

法律で定められている欠格事由に当たらない人であれば、基本的には親族でも専門家でも誰でも良いのです。

とは言え、現在の法律では誰が成年後見人になるかを決定するのは「家庭裁判所」です。

申し立てに基づいて、成年後見人をつける知的障がいのある人や認知症の方の不利益にならないように、候補者の中から決定します。
が、候補者の中に最適と思われる人がいない場合は、候補者からは選ばれない場合もあります。

知的障がいのある人の場合は、その本人の障がいの内容やこれまでの生活の流れ、こだわりなどを理解した人が成年後見人となるのが好ましいと私は考えます。
候補者としては親、きょうだい、親戚、支援者など知的障がいのある人のこれまでの生活を知っている人が良いと思います。
何故なら、本人の為の様々な選択の決定を本人と一緒に考えるのが成年後見人の役割だからです。
本人は分からないから・・と言って勝手に決めたりせず、きちんと本人と向き合ってくれる人でなければいけないからです。

しかし、親やきょうだい、親戚の場合は、相続が発生していたりこれまでに金銭的なトラブルがあったり、資産が多かったりする場合は、いわゆる専門職後見人(弁護士、司法書士、社会福祉士)などが、適切である場合もあります。

成年後見人の申し立てにはある程度時間が必要です。
成年後見人をつけなければならない時にこれらの条件に合った人を探すのはとても大変です。

今すぐに成年後見人が必要でなくても、もしそうなったら誰にお願いしたら良いのかな?ということを家族で話し合っておくと良いですね。

成年後見人はつける必要があるのか? その2 【そもそも成年後見人とは?】

成年後見人とは

「認知症や知的障害等の精神上の疾患により判断能力が著しく低下した方の財産を保護するために、家庭裁判所から選任されて、ご本人の財産保護や身上監護を行う者のこと」です。

知的障がいのある人に成年後見人を付けるかどうかの判断のひとつに

「知的障がいのある成人の方が、相続などの法律にかかわる内容や預金の解約などで、その行為や内容を本人が理解されているかどうか?、自分で判断しているか?、それに関する質問に答えたり選択できるかどうか?」という事があります。

「成人である」というのが重要です。
未成年であれば、重要な手続きを行う際に親権者が行う事が出来ますが、成人になると本人でなければできません。

金融機関は「本人が理解しているか」を重視します。
もし、本人の判断かどうか確認が出来ない場合、「手続きには成年後見人を選任してから行って下さい。」と言われる場合があります。

我が家の場合はどうなるのか?
もし、今法律に関する事項が起きたらどうなるのか?
一度、家族で話し合ってみて下さいね。

 

成年後見人はつける必要があるのか? その1 【プロローグ】

個別相談を行っている中で、知的障がいのある人が成人の場合に良く聞かれるのが「成年後見人はつける必要がありますか?」という事です。
ご家族の方々は、成年後見人について本当に良く調べていて、様々な講演会に行ったり、先輩の保護者の方に聞いたりして我が家はどうしよう・・と思っています。

我が家はどうしたら良いのか悩む理由は

✔成年後見人を選任するのにはお金がかかる
✔成年後見人が親の希望する人が選ばれるとは限らない
✔成年後見人の費用を払わなければならない
✔成年後見人の不正事件や親の意向を聞いてくれないという噂を聞く
✔そもそも本人の為に成年後見人がどこまでやってくれるか分からない・・

などなど、様々な不安があるからです。

「成年後見人はつける必要があるのか?」をテーマに次回より具体的にお話させて頂きますね。

次回以降のブログをどうぞお楽しみに!

認知症の伯父を見送り 1年8か月の介護

6月の半ばに介護していた伯父が旅立ちました。
先日、四十九日法要を無事に済ませました。

子どもの頃からお世話になり、就職する時に保証人になってもらったり、勤務先が近かったので一緒にランチしたり
結婚して子どもが産まれて遊びに行くと、いつも伯母の美味しい料理でもてなしてくれたとても穏やかな伯父でした。

おととしの11月に伯父を一人で介護していた伯母が入院となり、子どもがいなかったので一番近くに住んでいる私が主介護者となり1年8か月、様々なサポートをしてきました。
妹にも手伝ってもらい二人で手探りで始まりました。

伯母が自宅で介護を続ける事が出来ない体調になってしまったので、認知症の伯父の支援をしてくれる場所探しにこの1年8か月は奔走しました。
伯父にとってどこでどのような支援を受けるのが本人の為になるのか?を考え、様々な施設の中から伯父の状況に合わせて選んできました。

ショートステイ、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、病院、老人保健施設、療養型病院・・・・
本当にたくさんの施設でお世話になりました。

本当にここでいのか?ここで良かったのか?
ずっとこの事ばかりを考えていました。

それぞれの施設の良い所、悪い所を見極めながらその時の伯父にとって一番良い施設を選んできましたが、伯父の意思を確認するのが本当に難しく、本当に悩みました。

伯父の体調や好みなど、伯母がいたので様々確認しながら分かって行く事もあり、この1年8か月は本当に必要な時間でした。

伯父の介護を通じて、「本人の為の選択する。」大切さと選択するために必要なことを様々学びました。
これは知的に障がいがある人にとっても重要な事です。

伯父が教えてくれたことを、同じように悩む方々に伝えて行きたい!まだまだ整備されていないことを改善していきたい!と痛感しました。

私をまた少し成長させてくれた伯父に感謝です。

 

1 / 11

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite