65歳からの人生を豊かにするための終活講座 開催報告

いい夫婦の日に夫婦での話し合いが重要な終活講座を開催しました。

2名の方に受講頂き2名ならでは穏やかな、ちょっと突っ込んだ話も出来るとても良い雰囲気での2時間の講座でした。

今回の講座では、終活とどのように向きあい、夫婦や家族のこれからの人生の過ごし方を考えて頂きました。

濱倉の考える終活とは

「これからの人生の楽しみを充実させ、残された家族が困らないように、お金の整理や残すお金の準備を計画的に行い、記録を残す事」

と、定義しています。

そして、講座ではこの定義に沿って実際に何をすべきかを具体的にお話させて頂きました。

講座ではお伝えする内容に沿って、自宅で書き込めるワークシートやチェックリストもお渡ししています。
自宅に戻ってから、夫婦や家族で話し合う時に活用して頂くためです。

受講した方から嬉しい感想を頂きました。

「経験に基づく具体的なお話でとても分かりやすかった。」
「自分が心配している事が相談出来た。」
「今後に生かせるツールをたくさん頂けた。」
「いろいろな問題点を指摘されて良かった。これからのやるべきことが良く分かった。」
「色々な提案を教えて頂き、これからのやるべき事が沢山ありそう。」
「これから先日の講座を活かして行きたい。」

終活は個別に家族構成や財産状況が違うので最終的には1対1でご相談して頂くのが良いとは思います。
ですが、まずどこから・・我が家の問題点は・・・という整理をして頂かなくてはなりません。
今回の講座はこの部分を中心に行いました。

今後も終活講座は続けて行きますので、こんな講座の内容はどうかしら・・・という提案がありましたら、ぜひお問い合わせメールよりお知らせください。

 

65歳からの人生を豊かにするための終活講座 ~家族が幸せになる為に準備すべきこと~

台風の被害に遭われた皆様が一日も早くいつもの生活に戻れるようお祈りしております。

人生に於いてどんな風に時間を過ごし何にお金を使って行くのか、がとても重要です。

人生100年時代を家族みんなが心もお金も豊かに暮らしていく為の終活講座を開催いたします。

2019年11月22日(金)10時から12時
東京国立駅から徒歩2分の「シェアスペース リトマス」にて開催です。
アクセスはこちらから。
受講料金は 5,500円(税込み)です。
2名以上でのお申し込みの場合、お一人4,675円(税込み)となります。
ぜひ、ご夫婦やお友達でお誘い合わせていらして下さい。

こんな不安をお持ちの方にお勧めの講座です。

☑これまで終活講座を受けたことがあるが具体的に何から始めればよいか分からない
☑親の相続などの対策をどうしようかと思っている
☑自分の老後の資金をどう準備すれば良いか分からない
☑将来自分の年金で暮らしていけるのか不安に思っている
☑夫婦間で将来の話をしたいがなかなか切り出せない
☑親が亡くなった場合の葬儀やお墓のことなど何も知らない
☑家族に支援が必要な人がいる
☑とにかく老後が不安だ

それぞれの家族によって家族構成や資産状況は違います。
講座受講後に家族として個人として何から始めたらよいかをお伝えして、皆様の不安を少しでも解消できるようお話させて頂きます。

ホームページのお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。
お名前、メールアドレス、電話番号は必須で入力下さい。
お問い合わせ・相談内容の欄に「11月22日の講座申し込み」とご記入下さい。
2名以上でお申し込みの場合は代表の方がお申し込み下さい。
その場合、代表以外のお名前をお問い合わせ・相談内容の欄に記載して下さい。
受講料金のお支払いは事前振り込みとなります。
お申し込みが確認出来ましたら、お支払いについてご連絡させて頂きます。

健康で楽しい人生を送る為にぜひ講座を活用して下さい。

お問い合わせもお気軽にどうぞ。

伯父の介護を通じて感じた事 【伯父を理解する】

10月だというのに暑い日が続いていますね。
伯父を見送って3か月が過ぎました。
まだ、3か月・・もう3か月・・・です。

伯父の介護を通じて多くの事を学び、疑問に思い、一人の人間が生まれてから死んでいくまでの事を真剣に考えた1年8か月でした。

誰にでもやってくる老い、そして様々な準備について勉強させてもらいました。
伯父の事を振り返りながら、自分にも必要な様々な事について考えていきたいと思います。

伯父の介護が始まった詳細については「介護は突然やって来る」の記事をご覧ください。

今日のテーマは「伯父を理解する」
伯母の入院した病院に駆けつけて、その日の帰りに伯父の緊急ショートステイ先に行きました。
地域の包括支援センターと同じ場所にある特別養護老人ホームです。
久しぶりに会う伯父は元気そうでまずは安心しました。
私と甲府の伯父(伯父の兄)、私の母(伯父の妹)の3人で面会しましたが、最初は私たちの事が分かっていないようでした。
おやつを食べながら話していくうちになんとなく親戚なんだなと分かってきたようでした。
しかし、混乱はしているようで、ここがどこなのか?どうしてここにいるのか?は理解していなかったように思います。

そして次の日に伯母から聞いていた担当のケアマネージャーさんに電話しました。
伯母の状況など説明したあとにすぐに言われたのが

「緊急ショートステイは5日しか利用が出来ません。次のショートステイ先を探しましたので、2日後に移動して下さい。迎えに行くのもつれて行くのも親族の方しか出来ないのでお願いします。」

びっくりでした。とにかく2日後には伯父の洋服など身の回りの物を準備して、緊急ショートステイ先に迎えに行って、次のショートステイ先に連れて行かなければなりません。
あれこれ考えている時間はありません。
しかし、我が家には障がいのある長男もいます。
これから全部を一人で抱えるのは難しい・・・どうしよう・・・
近隣市に住む妹に状況を説明すると「もちろん私も手伝うよ。仕事は休みを取るよ。」と言ってくれました。本当に嬉しかったです。

そして次の日。
妹と諸々の準備です。
入院中の伯母と電話をしながら家のどこに何があるか聞きながら、伯父の洋服や髭剃りなどを揃えてすべてに名前を記入します。(これは長男の事で慣れていたのと妹も3人子どもがいるので早かった。)

そして、さらに次の日。
私の車で妹と一緒に緊急ショートステイ先に迎えに行きました。
お昼ごはんを食べ終わった頃に迎えに行きました。
伯父に「久しぶりだね。●●子さんの娘の千晶たちだよー。」というと「おー。そうかそうか久しぶりで分かんなかったよ。」
私「これから私の車で別の場所に移動するよ。しばらく泊まってもらうところに行くの。」
伯父「そうか。はいよ。」

伯母の病院の帰りに寄った時には、私の事が分からなかったので心配していましたが、ひとつずつ説明すれば何をするのかを分かってくれます。
妹と車に乗って、隣の市のショートステイ先に向かいます。

伯父の隣に妹が座って、移動の間に色んな話をします。
小さい時から何度も遊びに行ったり泊りに行ったり、結婚して子どもが生まれたりした時も交流を続けてきた伯父ですが、ここ何年かは私も妹も家事や育児で忙しく、じっくりと話をするのは本当に久しぶりです。
以前の会話を思い出しながら話をします。

妹「伯父ちゃんは何人きょうだいだっけ?」
伯父「6人だよー。」
妹「全員の名前は?」
伯父 すらすらと全員の名前を言う
妹「私たちは●●子さんの子どもだよ。千晶と●●。」
伯父「そうかそうだね。大きくなったね。」
妹「すっかりおばさんだよ(笑)」

妹「伯父ちゃんは何が好きなの?」
伯父「碁が好きだね。」
妹「将棋はしないの?」
伯父「将棋はまあ、誰でも出来るんだよなあ。碁のほうがおもしろい。」

妹「伯父ちゃんは何になりたかったの?」
伯父「そうだねえ。歌手になりたかったんだよ。」
妹、私「えー!!知らなかった!!そうなの!?」
伯父「そうだよう。」
妹、私「じゃあ、今度カラオケに行こうね。」

私たちも私の母たちも聞いたことのない話もたくさん出ました。
様々話していくうちに伯父も私たちの事が分かってきたようです。
迎えに行ったときはちょっと緊張していたようですが、すっかりいつもの伯父の顔つきになってきました。

車の中から景色を眺め、木の名前や地名なども言いながら移動しました。

私たちきょうだいの一番の心配は、「伯父が認知症になってどのようになっているか?」でした。
私たちの知っている伯父はいつも穏やかで話好きでマイペースなイメージでした。
それは、認知症になっても変わっておらず、安心しました。

そして、この後の介護の中で、「伯父の意思を確認する」「伯父の好き嫌いを理解する」という事がとても大切だと実感しました。

認知症があっても知的に障がいがあっても「意思」や「感情」、「思い」はあります。
「その人を知る。」という事が大切なのです。

さて、車は30分ほどのドライブで施設に到着しました。

次回のテーマは【支援を受けるのは契約から】です。

 

認知症の伯父を見送り 1年8か月の介護

6月の半ばに介護していた伯父が旅立ちました。
先日、四十九日法要を無事に済ませました。

子どもの頃からお世話になり、就職する時に保証人になってもらったり、勤務先が近かったので一緒にランチしたり
結婚して子どもが産まれて遊びに行くと、いつも伯母の美味しい料理でもてなしてくれたとても穏やかな伯父でした。

おととしの11月に伯父を一人で介護していた伯母が入院となり、子どもがいなかったので一番近くに住んでいる私が主介護者となり1年8か月、様々なサポートをしてきました。
妹にも手伝ってもらい二人で手探りで始まりました。

伯母が自宅で介護を続ける事が出来ない体調になってしまったので、認知症の伯父の支援をしてくれる場所探しにこの1年8か月は奔走しました。
伯父にとってどこでどのような支援を受けるのが本人の為になるのか?を考え、様々な施設の中から伯父の状況に合わせて選んできました。

ショートステイ、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、病院、老人保健施設、療養型病院・・・・
本当にたくさんの施設でお世話になりました。

本当にここでいのか?ここで良かったのか?
ずっとこの事ばかりを考えていました。

それぞれの施設の良い所、悪い所を見極めながらその時の伯父にとって一番良い施設を選んできましたが、伯父の意思を確認するのが本当に難しく、本当に悩みました。

伯父の体調や好みなど、伯母がいたので様々確認しながら分かって行く事もあり、この1年8か月は本当に必要な時間でした。

伯父の介護を通じて、「本人の為の選択する。」大切さと選択するために必要なことを様々学びました。
これは知的に障がいがある人にとっても重要な事です。

伯父が教えてくれたことを、同じように悩む方々に伝えて行きたい!まだまだ整備されていないことを改善していきたい!と痛感しました。

私をまた少し成長させてくれた伯父に感謝です。

 

健康第一 仕事をしながらの子育てや介護でぐったり

長男も長女も新学年になり、ゴールデンウイークの予定をたてていた4月中旬にいつもの頭痛が始まり、寝ていればそのうち良くなるかな・・なんて思っていたら

頭痛はどんどんひどくなり、吐き気が止まらず何も食べられず歩くものままならない状態になってしまいました。

熱も上がり、鼻水も止まらず病院を何軒もはしごしたのですが、一向に良くなりません。

いつもなら寝ていれば良くなる頭痛も激しくなる一方です。

長男の学校への送りを夫に頼んだり、実家の母に来てもらい家事を頼んだりしていましたが、ゴールデンウィーク中に救急病院に駆け込むと

「なぜもっと早く来なかったの!」

と、夫とともに院長先生に怒られ、各種検査をして点滴となりました。

片頭痛、副鼻腔炎、気管支炎、脱水症状・・・あらゆる症状が出て、言われたのが

「過労ですね。」
「一つでも抱えているものを何とかしなければ、もっと大変な事になりますよ。」

これまでの状況を丁寧に聞き取ってくださった先生の言葉はとても沁みました。

障害のある長男の朝の学校への送りの付き添いや日常生活のフォロー
長女の塾通いのサポート
伯父の介護(私が倒れる2週間前に誤嚥性肺炎で再入院)
伯母の介護(買い物やお風呂の介助など)
抱えていた仕事が3つ
実家の両親のサポート

自分では大丈夫だと思っていましたが、抱えていた様々な問題が一気に変化して私の体と心が悲鳴をあげたようです。

救急での点滴から1か月ほど過ぎ、やっと体調が戻ってきました。

無理はいけません。
抱えている問題の改善を家族みんなで話し合いました。

子育ても介護も絶対的に抱えるのは女性(母や娘)です。
頑張り過ぎなくて良い社会になって欲しいなあと痛感しました。

長男いなくなる!! ~GPS捜索大作戦~

長男いなくなる!! ~駅で見失うまで~の続編です。

駅のホームにも改札にも長男の姿がありません。
校外学習で集合するのは隣の駅です。
もしかしたら、下り電車に乗って一人で行ってしまったのかも・・

同じ学年のお友達のお母さんに電話をして着いているか確認をしました。
が、「まだ、来ないよ!」との返事。

どんどん心臓の動きが激しくなっていきます。
もう一度、改札付近やトイレなどを確認しますが、やはり長男の気配はありません。

長男はGPS付きの携帯をリュックに入れています。
(校外学習の時はいつもは持たせないのですが、この日は念のため入れておこうと思ったのでした。虫の知らせ?)
検索をかけてみると・・・表示されたのは下りの2つ先の駅。

とにかく校外学習の集合場所に行く事にしました。
やはり長男は集合場所にはいません。

担任の先生や引率予定でいらしていた副校長先生にも事情を説明しました。
この時の私は軽くパニックになっていました。

その様子を見て副校長先生は何人かの先生に長男の捜索にあたるように指示をしてくださいました。
再度、GPSの検索をしてみると、なんと「新宿近辺」の表示。
さらに青くなりました。
いなくなってから30分も経っていないのに、「新宿」!
どうして・・・

一体、長男はどこへ・・・

副校長先生からまずは交番に届ける事、自宅のパソコンから検索をかける事、新宿方面に先生を行かせるので連携を取るようにする事。
を、言われました。

すぐに自宅の最寄りの駅の交番で届け出をしました。(こちらの詳細はまたの記事で)

自宅に戻り検索を再開しました。
表示は「新宿千人町」
この時点で私とはぐれてから1時間が過ぎています。

次の検索結果は「北新宿2丁目」
もしかして、地下鉄に乗っている?

交番から検索の最新結果を教えるように言われていたので連絡をし、夫にも電話しました。
夫もとにかく捜索に加わるので、会社に事情を説明したら連絡するとの返事でした。

検索をかける度に場所がどんどん移動していきます。
あまりの移動の速さから、もしかして長男は誰かと一緒なのかも・・と思い、携帯電話を鳴らしてみますが、応答はありません。

次の検索結果は「若松河田駅付近」→「牛込神楽坂駅付近」
どう考えても電車に乗っている様子。

長男とはぐれてから2時間ほどたった10時半過ぎに最寄りの警察署から電話があり、夕方になっても見つからなければ広域捜査の届を出しに警察署に来るように・・との事。
いよいよ、震えが止まらなくなりました。

検索結果は「九段下駅付近」→「小川町駅付近」

検索をかける度に夫と学校で待機している先生と連絡を取り合います。

長男とはぐれて3時間が過ぎています。
移動のルートをみながら、JR東日本、都営地下鉄にも電話をかけ事情を説明して探してもらえないかとお願いしたりします。

この頃、同じ学年のお友達のお母さん二人が家に来てくれました。
「なんか飲んだり食べたりしなくちゃ・・」といろいろと買ってきてくれたのです。

長男がいなくなってから3時間半が過ぎたころの検索結果は「末広町駅付近」

夫との電話では「近づている気がする」と。
夫は検索するたびにタクシーで移動しています。
先生も2名向かってくれています。

検索結果は「台東区上野一丁目付近」→「台東区湯島三丁目付近」
急に移動距離が少なくなってきました。
電車を降りて歩いている?湯島天神の辺りにいる?

私はGPS携帯を検索しながらネットの地図アプリで移動の状況を追っていました。
春日通りを歩いている?

と、その先に警察署があるのが分かりました。
すぐに学校に電話してその旨を伝えました。

学校側から警察署に前を通るはずだから確認してくれるようにと、すぐに電話してくれました。

この時はとにかく祈るしかできない状況でした。
無事で何事もなく元気で帰ってきて欲しい・・それだけを祈っていました。

まもなく、学校から電話があり

「いました。警察署で保護してくれました。」

私は「本当に見つかったんですか!」と叫んでいました。

 

自宅近くの駅ではぐれてから4時間半が過ぎていました。

捜索に加わってくださった先生方、保護して下さった警察署の方、心配して家にきてくれた友達のお母さん・・・皆さんに感謝です。

親あるうちのできること・やっておくべきこと 練馬区福祉園合同福祉講座での講演報告

2018年9月26日に「練馬区福祉園合同福祉講座」の講師として練馬区役所でお話してきました。

テーマは「親あるうちのできること・やっておくべきこと」

障がいのある我が子の将来の為に、親が今からすぐにやるべきことややっておくべきことについてお話しさせて頂きました。

想像以上に練馬区役所のホールが広く100名以上の保護者の皆さまの前でお話するのは、久しぶりに緊張しました。

「親なき後」に様々な問題があることは、近年言われ続けていますが、ではそれを解決するにはどうしたら良いのか?
生活していくのに欠かせないお金の話、個別に家族の状況(構成、収入や支出の額、ご本人の発達の度合いなど)が違うので、これが正解!とは言えない内容です。
でも、親として何を大事にして何を誰にどう残していくか、これはご本人の年齢に関係なく夫婦で話し合っておく事が重要です。

今回の講座ではチェックリストを皆さんに配布してそれぞれで考えて頂きました。
もちろんこのチェックリストもすべてを網羅しているわけではありません。
夫婦や家族で話し合うきっかけにして頂き、家族の状況に応じてアレンジして頂けたらと思っています。

現在の福祉サービスの内容を知り、法律の動向をみて、親として家族にすべき事を考えたり、制度が足りない部分は行政などに声を出したりしていく事も重要です。

講座の翌日に、受講された保護者さまから個別の電話相談をお受けしました。
少しでも皆様の今後のライフプランの設計のお手伝いが出来ましたら嬉しいです。

長男いなくなる!! ~駅で見失うまで~

2018年3月の初めの出来事です。

少しずつ朝の電車通学の練習を続けていて、もうすぐ1年がたとうとしていました。
その頃は自立心が強く母と並んで歩いたりそばにいられたりするのを嫌がるようになっていました。

そんなある日事件は起きました。

その日は学校の行事の校外学習の予定で、集合場所は通学で利用している駅でした。
買い物なども楽しむ予定になっており、制服ではなく私服で、リュックを背負い、お小遣いといつもの定期(スイカ)を持って家を出ました。

相変わらず母と並んで歩くのは嫌なようで、私は長男の50メートルくらい後ろを歩いて長男の背中を確認しながら自宅から駅までの道を歩いていました。

長男が何度も立ち止まってしまうため、距離が近くなっていき駅の改札を入る手前で追いついてしまいました。
いつもは、見つからないようにすぐ後ろを歩いていくのですが、この日は長男が振り返って私を見つけてしまい立ち止まって動かなくなりました。

「先に行け!」とジェスチャーで私に訴えます。

仕方なく長男を追い越して改札の手前まで行きました。

いつも手にスイカを持って駅まで歩く長男がスイカの入ったフォルダーを首にかけるのを確認して、先に改札を通過しました。

通学のための電車は下りに乗るので、改札を通過するとそのまま真っ直ぐ歩いて下りのホームに降りるエスカレーターに乗ります。
長男を追い越してしまった場合、そのエスカレーターの手前で長男が歩いてくるのを待つのがいつもの流れでした。

この日も学校のある駅で集合なので、同じようにエスカレーター手前まで行って振り返り長男を確認しようとしました。

振り返ればいつもいるはずの長男がどこにも見当たりません。
何度も目を凝らして改札を通ってくる人を見ますが、やはりいません。

え!!なんで?

もしかして先にエスカレーターを降りた?いやそんなはずは・・・目を離したのは一瞬だったのに・・・

改札をまだ入っていない?どこにいるの?

いろんな考えが頭をよぎります。心臓はバクバク、汗はダラダラです。

もうすぐ下り電車が到着します。

一気にエスカレーターを駆け下りていつも電車に乗り込むあたりまで走ります。

しかし、ホームには長男の姿はありません。

続きは次の記事で・・・

後でこの1日を振り返った時にこの場面で痛感したこと

●とにかく落ち着くこと
●どんな状況でいなくなったかしっかり覚えている事

かなりのクオリティです

長男の通学している特別支援学校では、高等部になると授業で作成している製品の紹介や販売などがあります。
長男は高等部1年の時に陶芸班になり、作業の時間に様々な焼き物を作っていました。
1学期の学校公開の際には粘土をのばしたり模様をつけたりと集中して頑張っている姿を見る事が出来ました。
学校の50周年の行事もあり「花器」を作っていたのですが、これが本当にデザインも素晴らしくて販売があれば絶対に買わなくちゃ!!と思っていました。

ちょっとお花を挿せる形です。

IMG_0350[1]

実際に挿してみるとこんな感じ。(挿し方がイマイチだわ~)

IMG_0403[1]

もちろん先生のフォローが大きいですが、少しずつ少しずつ積み上げて製品を完成させていきます。
祖母たちも欲しいという事で4セット購入しました。

販売の日には他の「布班」「工芸班」のみんなの製品も購入しました。

IMG_0351[1]

これ以外にもまだまだたくさん製品を作っています。
積み上げてしっかり出来るようになる長男たちの事をもっと知ってもらいたいと心から思う製品ばかりです。
サポートして下さる方がいれば、知的障がいがあっても生産性のある仕事は出来ると私は常々思っています。

就労や仕事の場が広がって自立の方法の選択肢がより増えると良いのになと感じています。

特別支援学校の生徒たちの能力をもっと知って欲しいなあ。

 

 

家族の願いを叶えるライフプラン TASUC国立での講演報告

2018年2月17日にTASUC国立の「発達臨床懇話会」で講師としてお話とグループワークをさせて頂きました。

テーマは「家族の願いを叶えるライフプラン」

障がいなど気になる事がある方のいる家族の親、きょうだい、ご本人が叶えたい事を実現するために家族としてどのように考えたり実行したりすれば良いか・・・をお話して

実際にどのような手順でそれを行うのか、グループに分かれて作業をして頂きグループごとに発表をして頂きました。

気になる家族がいようといまいと家族の叶えたいことを実現するには、家族の収入をどのように使って行くのかを家族みんなで考える必要があります。
当たり前と言えば当たり前ですが、皆さん意外と家族での話し合いが出来ていない事が多いのです。

自分のお子さんが今何が欲しくて将来どうしたいか、即答できますか?

パートナー(妻なら夫、夫なら妻)の今欲しいものや15年後にどのように暮らしていたいか知っていますか?

叶えたい願いが決まると、実はその為に前もって必要な作業が具体的に見えてきます。
資金はいくら必要なのか、そしていつ準備が完了するのか
他に必要な準備は何があるのか・・・

実際にこの日のグループワークで「家族で海外旅行に行く」という願いが出て、実際に叶えるために何が必要か書き出してみると

・家族4人で行くには資金が50万から60万円必要
・英会話を習いたい
・障がいのある子どもが飛行機に乗ったことが無いので体験させたい
という3つの課題が出ました。

資金を3年かけて準備しよう!となったのですが、飛行機の体験をするには国内旅行をしなくちゃ!という事になりました。
国内両行でも家族4人ですと25万くらいは必要になりそうです。
という事は・・・

国内旅行の資金を1年で準備して実現して、その後3年かけて海外旅行の資金の準備をして実現する。

というプランが出来ました。

グループワークをしている時の皆さんはとてもわくわくしながら、そして具体的に考えてみると現実も見えてきて、たくさんの気付きがあったようです。

・家計管理の問題点
・夫婦間の会話の問題点
・きょうだいに対する接し方の改善
などなど

参加者の皆さんがそれぞれ課題を持ち帰る事が出来ました。

皆さんもぜひ、家族での話し合いを設けて、願いの実現をして頂けたらと思います。

 

 

1 / 41234

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite