作成者別アーカイブ: office-augite

知的障がいのある人にとって大切な「余暇支援」

「余暇支援」という言葉を聞いて皆さんはどんなことだと思いますか?

知的に障がいのある人や児童生徒にとって、とても大事な言葉です。

「余暇」というとなんとなく空いた時間や自分で使える自由な時間というイメージだと思います。
では、知的に障がいのある人達にとっては?
皆さんは会社に通勤して仕事が終わったら、その後の時間はどうしますか?

・真っ直ぐ家に帰って好きなテレビをみる
・友達と食事や呑みに行く
・趣味の習い事に行く
・映画を観に行く
などなどあるでしょう。

我が家の長男の場合、16時に就労先の仕事が終わるのでそのあとは送迎車で家の近くまで送ってもらいます。
平日の通所終わりにどこかに行くということはありません。

特別支援学校に通っていたころは、放課後等デイサービスがあり学校にデイサービスの支援者の方が迎えに来てくださり、デイサービスでお友達と過ごしたり支援者の方々と様々経験をする時間がありました。

特別支援学校卒業するとこの制度は使えなくなります。

つまり、これまでは自宅、学校以外にも放課後等デイサービスという居場所がありましたが、18歳以上になると自力で外出ができないと自宅と福祉就労先の事業所だけしか行くところがなくなってしまうのです。
知的に障がいのあっても、大勢の人の中で過ごすことはとても重要です。
家族と離れて過ごす時間が発達や自立につながっていきます。
まだまだ若い体力があるうちに親としてはたくさんの経験をさせたいと願っています。

地域によっては、成人の余暇支援活動を行政で行ってくれているところもあります。
国分寺市では公民館にそのような活動があるので、長男も今年度から通い始めました。
行政で行ってくれるのは本当にありがたいです。

月に1回ですが、日曜日にその活動に参加しています。

とは言っても、体力があるので、親も子どもも仲の良いグループで余暇活動を立ち上げました。
こちらは次回に詳しくお話しますね。

知的障がいのあっても地域で生き生きと過ごせる場所がどんどん増えて、そこに関わる支援者もどんどん増えてくれたらなあ・・・と願うばかりです。

 

 

オンラインお茶会を開催します

まだまだ暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか?
新型コロナウイルスの心配も尽きませんね。

新型コロナウイルスは終息していくのかな・・と願っていましたが、どうやらそれはなさそうです。
そこで、「オンラインお茶会」を開催します。

と言っても、難しいことではなく

ただ、濱倉とパソコンを使ってお話してみませんか?ということです。

☑濱倉千晶と話してみたい
☑こんな時どうしたか聞いてみたい
☑濱倉千晶の顔をみてみたい
☑知的障がいのある子どものいるお母さん同士で話してみたい
などなんでもありです。

9月18日9時から申し込みを開始します。

今回は就学前のお子さんの保護者の皆さんを対象にしますね。

料金はかかりません。無料です!!

日程を3日設定しました。
10月  6日火曜日 13時から14時  申し込み締め切り 10月  4日日曜日16時
10月14日水曜日 10時から11時  申し込み締め切り 10月12日月曜日16時
10月20日火曜日 10時から11時  申し込み締め切り 10月18日日曜日16時

定員は5名です。

オンラインお茶会お申し込みフォームからお申し込みください。

お問い合わせ、お申し込みをお待ちしています。

 

新型コロナウイルス生活で得たもの 長男編

新型コロナウイルスは依然猛威で、私たちはこのウイルスとどのように生きていくか考えていかなくてはなりませんね。

今年の初めにこのウイルスが日本に上陸したと分かったころとは、全く違った生活になっていますね。
ウイルスが終息していつもの生活が戻ってくると信じていましたが、もうそうはいかないようです。
家族で様々な情報を共有して、ウイルスに感染しないための対策をしています。

さて、そんな生活の中で長男が得たものが2つあります。

1つ目は「手洗いが上手にできるようになったこと」です。
長男はこれまで手洗いはいい加減で家族が見ていないとちょっと手を濡らして「洗いました~」みたいな顔をしていました。
ですが、新型コロナウイルスの蔓延で自宅でも通所している事業所でも何度も手洗いを行うことで本当に上手になりました。

石鹸の泡をきちんとつけて手指をこすらせてしっかり洗い、水で流します。
自宅だけでなく、事業所で仲間と一緒に毎日行っていることが習慣につながっていると感じます。

2つ目は「マスクをつけること」です。
これまで、風邪などをひいても咳がひどく出るということもなく、マスクは特別支援学校に通っているときに、調理実習や給食の配膳の際につけるくらいでした。
この時も、積極的に自分からつけることはなく、先生に促されてしぶしぶ・・という感じだったと思います。

今では通所の際の送迎車に乗るところからつけなければなりません。
事業所での作業時も休み時間とお昼ご飯の時以外は、つけなければいけないルールになっています。
最初のころは「マスクをつけて」といっても「やだ!」と抵抗していましたが、送迎車に乗るときは言わなくでも自分からつけています。
家を出るときも雨が降っていて傘をささなければならないときは、しっかり自宅からマスクをしています。

様々なことが、少しずつ出来ていく長男です。
周りの状況をみて、親や事業所の支援者の皆さんの説明を聞いて彼なりに理解しているのだと感じます。

 

ブログの種類と内容について

私のライフワークの一つに「障がいのある人のいる家族の実態を知ってもらう」や「障がい理解を進める」があります。

私自身、長男が私のところに来てくれるまで、知的に障がいのある人の生活やその家族の実態などは何も知りませんでした。

長男を育てていくなかでたくさんの疑問や困りごとがありましたが、長男が生まれた当時はブログなども今ほど情報量が無く、本を買ったり地域での先輩ママに質問したりして様々なことを乗り越えてきました。

私たちの生活の様子やこうだったら良いのになあということをブログに書き始めたのは2011年の5月。
アメーバブログでした。
その後ホームページを開設してホームページの内部にブログを書き始めました。

書いている内容は・・・実は区別しています。

ホームページ内のブログでは、知的に障がいのある人を育てていくなかで工夫してきたことや提言や様々な問題が起きた時の考え方、知ってもらいたいことなどです。

アメブロの「知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶」では、生活の中のちょっとしたことや私の好きなこと、きょうだいのことなどです。

アメブロでもう一つある「あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP濱倉千晶」では、一般的なお金のことについてです。(こちらは更新が遅いです・・・・)

知りたい内容によって楽しんで読んでいただけたらと思っています。

 

自分のための時間をつくる

今年の4月から長男は福祉就労に、長女は高校に入学と生活の流れが変わりました。
私は子どもが生まれてからずっと思っていたことがありました。

「子育てが落ち着いたら自分のやりたいことをしたい!」

子育てが落ち着くなんてことは障がいのある長男の場合はこれで終わり!!みたいなことはないのです。(ふつうは自分でできることが増えて自立して親から離れていきますよね。)

でも、長男のステージが上がったことと長女も自分のことは基本的に自分でできるようになったので、やりたいことをやってみようと思っていました。

では何を?
と考えているときにとても良い出会いがあり6月の終わりからある勉強を始めました。

それは

「アロマテラピー」

実は結婚した当初から興味があり正しく学んで生活に取り入れたいなあと思っていたのですが、長男が生まれてから、緊急の学び(保育士取得やファイナンシャルプランナー取得など・・・)や親の会の活動が忙しく、ずっと置き去りにしていました。

そんな時、信頼できる講師との出会いがあり「ああ、やっぱり学びたい!!」と思い、スタートしました。

講座は全部で12回あり、そのたびに宿題や復習もあるのですが、レッスンに行くのが本当に楽しみです。
ご自宅の教室に伺うのですが、ご自宅の雰囲気が素晴らしいのです。

お庭の見えるお部屋でゆったりとした気持ちで受講しています。
(ソーシャルディスタンス対策もばっちり行ってくださっています。)

知的障がいのある子どもがいるとついつい自分のことは後回しになりがちです。
今すぐに実現できなくても自分のライフプランもたてて、何年後にはこれをやろう!!と決めて生活すると楽しみも増えるのではと私は考えます。
子どものために生きる人生ではなく、自分の人生も楽しんで生きる。

そして、家族全体の人生も楽しく過ごしていきたいと思っています。

支援者・理解者の皆さまに支えられている生活

この4月から就労継続B型の事業所に通所の始まった長男。

コロナウイルスで他の事業所が自宅待機や自宅作業などの対応の中、長男の事業所は受け入れを続けて下さり本当に助かりました。
毎日、同じリズムでの生活をすることが、安定して暮らしていけるので、通所し始めてもうすぐ丸3か月になり、すっかり朝の支度などのペースもつかめてきました。

通所になってからは8時半に家を出て送迎車で事業所に向かい、16時半には送迎車で送ってもらい自宅に到着です。
ですので、私も仕事を自宅で出来るように早い段階から準備してきました。
外出する仕事の場合、移動時間を考えるとコア時間は10時から15時といった感じです。
これは、長男が生まれた時から分かっていたことでしたから、「働き方」をどうするか考え準備してきました。

長男が学校に通学している時には、学校の後に「放課後等デイサービス」に行くことができましたから、デイサービスの送迎車で帰ってくるのは18時くらいでした。
今と比べると使える時間にかなりの差があります。

現在、長男が通所している事業所や学生時代に利用していた放課後等デイサービスでの支援者の皆さまのおかげで母である私も仕事を続けることができています。

様々なきっかけや理由で、知的障がいのある子ども達と関わりたいと思って下さり嬉しいです。

親としてこれからも、一人でも多くの人に私たちの暮らしぶりや知的障がいのある人たちの能力や特性を理解していただけたらと思っています。

3月からは大皿料理が増えました

3月からの自粛生活ではとにかく食事を作る回数が半端なかったですね。

ダウン症候群である長男は生まれつき筋肉量が少ないので太りやすく、幼児のころからカロリーを考えた食事をしてきました。

ですので、食事をお皿に盛るときは基本、個別。
大皿に盛ってしまうとどのくらい食べたのか分からなくなってしまうからです。

でも、このコロナ渦では食事を作る事にストレスを感じ始めてしまったので、「ええい!もう大皿に出しちゃえ!!」ということで。

大皿に出すと大喜びする長男。
私は洗い物が簡単で大助かり。

長男も私も嬉しい。
ならこれで良いよね。

新型コロナウイルス自粛生活で得たもの 長女編

今回は長女との生活について書いてみます。
4月に新高校生として新しい世界が始まる予定だった長女

4月に一度、入学式で学校に行ってからはずーっと自宅学習の日々。

送られたくる課題をこなしたり、オンラインで様々な情報がくるので確認したり、Eポートフォリオを入力したり、課題の提出をタブレットやパソコンで送ったり・・・
普通の高校生生活とは一味違う日々を過ごしてそれなりに忙しい毎日でした。

そんな中特に感じたのが

1、一緒に勉強をする時間が増えた
中学の時も割とリビングで勉強することが多く、分からないことがあると仕事や家事をしている私に聞いてくることがありました。
しかし、今回はいつ学校が始まるか分からないので、教科書の予習をなるべく進めておこうということになり、数学などは教科書を読むだけではわからない~と泣きついてきました。
教科書の説明を補足して問題集を一緒に解きました。
数Ⅰくらいならなんとかついていけますが・・・仕事とは違った脳を使うので楽しい時間でもありました。

数学以外はなんとか自分で予習できたようです。

2、将来について話す時間が増えた
もともと、私と色々な話をしているので(恋の話はしてくれませんが・・)、どんな社会人になりたいか、どんな職業に就きたいかなどは話しているつもりでした。
しかし、高校1年の2学期には理系か文系かを決めなければならず、どの大学に行くかについて具体的に考えなければならず、これまで以上につっこんだ話をするようになりました。

私自身がどのように大学を選んだかとか、会社に入って何を思ったかなども話す機会がありました。
自分の10代後半の気持ちを思い出しながら話をしました。
このおかげで私自身の今後のやりたいことや生き方などもじっくり考えるきっかけになりました。

子育ては自分の人生の道をもう一度たどれるチャンスなのだなと今回の自粛時間の中での長女との時間で感じました。
長女の将来に更なる光が差すよう親として全力でサポートしていきます。

 

 

新型コロナウイルスの自粛生活で得たもの 夫婦編

先月、全国の緊急事態宣言が解除になりましたね。
とは言えすべて元通りとはいかないので引き続きできることはやっていこうと思っています。
(外出を控えたり、マスクをしたり、手洗いや除菌を徹底したり・・・)

3月からの新型コロナウイルスの自粛生活で私も様々な変化や発見がありました。
今日は夫婦編として夫とのことを書いてみます。

1、感謝が増えた
・夫の収入に変化がなかった
お金のことは本当に大切ですね。勤務時間も減らなかったかわりにお給料にも変化はなく本当にありがたいです。
・自宅勤務の際に長男の送り迎え
緊急事態宣言が出されてから週に2,3日の自宅勤務になり、その際は長男の送迎車までの送り迎えをやってくれました。
私は自宅で仕事をしていると常に送り迎えの時間を気にして作業を進めなければならないのですが、夫が行ってくれる時は集中して仕事ができました。

2、話す時間が増えた
・夫は通常だと朝7時前に出勤し、帰宅は22時過ぎというのが当たり前
通勤時間がないので、その時間にいつもならメールなどで伝えていたことを直接話して相談などができました。
・二人だけ昼食
長女が伯母宅に行って勉強することがあり、夫婦二人で昼食を食べることがあり、子どもがいると話せないことなどを食事をしながら話すことができました。

コロナの自粛生活の前は、夫は6時半過ぎに出勤して22時前後に帰宅という生活でした。
じっくり話ができるのは週末くらいで、そんな週末も子どものことや伯母の介護やなんやかんやで時間がとれずにいました。

現在のこと、未来のことをじっくり話せる時間がとれたことはとても良かったです。

夫にもっと感謝の気持ちを言葉で言わなくちゃいけないなあ・・・と痛感。

 

マイナンバーの活用はどのように利用する目的があるか国民に示してから行って欲しい

コロナウイルスの「特別定額給付金」の申請でまた出てきたマイナンバー問題。

マイナンバーが始まった時にマイナンバーカードについてもかなり質問を受けました。

「知的障がいのある成人の子どもの銀行からマイナンバーの提出を求められた」
「施設の利用に必要があるのでマイナンバーカードを発行してくるように言われた」
などなど

私自身も長男の福祉サービスの利用の申請書にマイナンバーを記載する欄があってどうすべきか困った時がありました。

マイナンバーが始まった頃は強制ではなかったので極力マイナンバーは記載せずに行いました。
しかし、国は今後マイナンバーをどうしても活用したい考えのようです。

 

私はマイナンバーを活用するなら、まず日本国民全員にマイナンバーが行きわたるよう様々整えるようにすべきだと考えています。
定住所の無い方、住所があっても事情がありそこに住めない方など、いまだに自身のマイナンバーを知らない方もいるのでは?と思っています。
「様々な事情がある」ということは「何らかの支援が必要である」ということだと思います。
支援が必要な人に正しく支援が届くようにする。
これが国が行うべき本来の形だと思います。

それをせずにとりあえずマイナンバーが届いている人から口座などを紐づけしていこう・・なんて、安易すぎないか?と感じています。

何のためにマイナンバーを使い、何を紐づけするのか、情報の管理はどうするのか、きちんと国民に示してから、そして、国民のためになるように進めて欲しいと思っています。

知的障がいのある人たちにとってどのようにマイナンバーが使われるのか?
これを見極めて親として判断していかなければならいと痛感しています。

 

1 / 612345...最後 »

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite