月別アーカイブ: 2017年3月

普段から当たり前にやってもらえるようにしておく

知的障がいのある子どもが家族にいる場合、特にやっておくべき事があります。

それは「情報の共有」
分かりやすく言うと、「お母さん一人が分かっていてはいけない!」という事です。

知的に障がいのあるお子さんがいる場合、生まれてすぐ始まる療育や学校関連の手続き、福祉の手続きなどはどうしても母親がやらざるを得ない状況になります。
学校への持ち物や朝の準備なども当然母親の仕事になります。

すると、無意識のうちに母親と父親の子どもに対する距離感が変化してきます。
この距離が広がれば広がるほど、母親のイライラと虚しさは大きくなります。
そして益々、自分一人でなんでもやってしまうようになってしまうのです。

母親もいつも健康でいつまでも元気でいられるはずはありません。
母親が動けなくなると家族の動きが止まってしまいます。

我が家ではこの冬に私がインフルエンザに罹った事で実感しています。
詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください➡インフルエンザ騒動

我が家では福祉サービスの手続きの書類などは一つのファイルにまとめて誰の目で見てもわかるようにしています。
夫とも定期的に子どもについて話をするようにしています。

しかし、学校への朝の支度については細かく伝えていなかったので、今回のインフルエンザ騒動の時もフラフラになりながら通学用のリュックの荷物の準備は私が行いました。
(連絡帳の記入も含めて・・・・)
もしかしたら夫に頼んだらできたのかもしれません。

IMG_3029[1]

でも、これまで最初から最後まで頼んだことがなく、忘れ物があってはならないと思い、ついつい私がやってしまったのでした。

ちなみに通学用のリュックの荷物の支度は以下の内容です。

体育着の準備(ジャージのズボンと長袖の体育着を専用の袋に入れる)
給食袋の準備(給食の際に着るエプロン、帽子、マスク、袋を前日にアイロンがけして入れる)
放課後等デイサービスもしくは学童で着替える洋服の準備(着替え専用の袋に制服後に着る洋服を入れる)
水筒の準備(麦茶を入れる)
連絡帳の準備(学校と学童の連絡帳に今日の予定等を書いて入れる)

月曜日には上履きの準備なども加わります。

私が動けない朝に朝食の準備をしながらこれだけのことを急にやろうと思ってもたぶん無理でしょう。

元気な時にこそ、手伝ってもらいたい人にはやってもらいましょう!!

そのほうがお互いにストレスなく過ごせます。

これは親なき後の準備などにも言えることです。
いつかやらなければならない事なら、やれる時に少しずつ進めていく。

これは子どもにとっても親にとっても大切なことです。

個別相談会の相談員となりました

4月から新しい形で相談業務を行います。

a0022_000076

一般財団法人ゆうちょ財団の個別相談の相談員として東京・吉祥寺で知的障がいのある子を持つ保護者の方々へのサポートを行います。

詳しくは個別相談会の専用サイトをご覧ください。

基本的にはオフィスアウジーテの基本相談で行っている内容を無料で受ける事が出来ます。
お申し込みは専用サイトの相談申し込みより行って下さい。

オフィスアウジーテのホームページを見て「基本相談・・・どうしようかな?」とお考えでしたらぜひこちらの相談会もご活用下さい。

相談会でお会いできますのを楽しみにしております。

 

1 / 11

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite