タグ別アーカイブ: 放課後等デイサービス

支援者・理解者の皆さまに支えられている生活

この4月から就労継続B型の事業所に通所の始まった長男。

コロナウイルスで他の事業所が自宅待機や自宅作業などの対応の中、長男の事業所は受け入れを続けて下さり本当に助かりました。
毎日、同じリズムでの生活をすることが、安定して暮らしていけるので、通所し始めてもうすぐ丸3か月になり、すっかり朝の支度などのペースもつかめてきました。

通所になってからは8時半に家を出て送迎車で事業所に向かい、16時半には送迎車で送ってもらい自宅に到着です。
ですので、私も仕事を自宅で出来るように早い段階から準備してきました。
外出する仕事の場合、移動時間を考えるとコア時間は10時から15時といった感じです。
これは、長男が生まれた時から分かっていたことでしたから、「働き方」をどうするか考え準備してきました。

長男が学校に通学している時には、学校の後に「放課後等デイサービス」に行くことができましたから、デイサービスの送迎車で帰ってくるのは18時くらいでした。
今と比べると使える時間にかなりの差があります。

現在、長男が通所している事業所や学生時代に利用していた放課後等デイサービスでの支援者の皆さまのおかげで母である私も仕事を続けることができています。

様々なきっかけや理由で、知的障がいのある子ども達と関わりたいと思って下さり嬉しいです。

親としてこれからも、一人でも多くの人に私たちの暮らしぶりや知的障がいのある人たちの能力や特性を理解していただけたらと思っています。

自分で選ぶ習慣を意識する

4月になりましたね。
我が家では長男が高校へ、長女が中学へ進学となり、生活が一変しました。

お弁当作りや学校への送迎でフラフラです。
詳しくは別記事でお伝えします。

さて、春休みに長男は放課後等デイサービスでカラオケに出かけました。
その際に、「好きな曲を5,6曲書いたメモを持ってきてください。」との連絡がありました。
しゃべるのが上手でない長男。
リクエストのメモを作るときに我が家では以下のようにしています。

1、本人に好きなCDを選んで持ってきてもらう
2、CDのケースや歌詞カードの曲名を見せて指さしで選んでもらう
3、私が曲名を復唱してメモに記入する

実際のメモがこちら↓↓↓

IMG_4383

曲名の他に検索するときに分かりやすいように番組名や歌手名を入れました。

放課後等デイサービスの指導員さんとこのメモを見ながらリクエストを入れて大いに歌ったそうです。
歌った曲に〇が付けられて帰ってきたので、母の私にも何を歌ったか分かります。
帰って来てから、このメモを見ながらその時の様子について聞いたりもできます。

ついつい親が何でも決めてしまいがちですが、知的障がいがあっても自分で選びたい気持ちや選べる力はあります。
長男に「カラオケで何を歌いたい?」と聞いても何も答えられないですが、選べる状況を作ってあげればしゃべらなくても答えることが出来ます。

「自分で選ぶこと」これは知的障がいのある人が豊かに暮らす為にとても大切な事です。

どんな小さな事でも、その都度聞いて自分選ぶ習慣を学齢期の頃から意識して行くと良いですね。

1 / 11

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite