タグ別アーカイブ: 認知症

市民後見人の養成講座が終了しました

2020年に始めていた3つの学びの内の1つであった

「市民後見人養成講座」

2月20日に修了式が行われ、修了証が送られてきました。

 

 

市民後見人とは一般の市民による後見人のことです。

国分寺市の社会福祉協議会が主催した養成講座をうけてすべての過程が終了すると
市民後見人として活動ができるようになります。

実際の活動を開始するには、家庭裁判所から選任されることが必要です。

今回の養成講座を受けたことで誰かの後見人になる手続きの候補に挙がることが
できるようになりました。

4月から活動が可能かどうかの書類には「可能」として
国分寺市の社会福祉協議会に提出しました。

まずは地域の中で、できることを始めていこうと思います。

新型コロナウイルスの関係で講座はすべてオンラインとなりました。
「YouTubeの動画で学び、課題を提出する。」という流れで
2か月間頑張りました。

修了式はZoomでの開催でした。

課題の提出は期限があるので、何度も動画を見直しながら行いました。

講座での学びはとても多く、これまで成年後見人の制度について
知っていましたが、実践として考える場面もありとても有意義でした。

これらの知識をもとに、これまで以上に成年後見人について
お悩みの皆様のお役にたっていきます。

成年後見人はつける必要があるのか? その3 【誰が成年後見人になるの?】

成年後見人についてのシリーズのその3です。

その1 プロローグ
その2 そもそも成年後見人とは?
も、合わせてご覧ください。

知的障がいのある人や認知症の人に、成年後見人が必要になったら誰がなるのか?

法律で定められている欠格事由に当たらない人であれば、基本的には親族でも専門家でも誰でも良いのです。

とは言え、現在の法律では誰が成年後見人になるかを決定するのは「家庭裁判所」です。

申し立てに基づいて、成年後見人をつける知的障がいのある人や認知症の方の不利益にならないように、候補者の中から決定します。
が、候補者の中に最適と思われる人がいない場合は、候補者からは選ばれない場合もあります。

知的障がいのある人の場合は、その本人の障がいの内容やこれまでの生活の流れ、こだわりなどを理解した人が成年後見人となるのが好ましいと私は考えます。
候補者としては親、きょうだい、親戚、支援者など知的障がいのある人のこれまでの生活を知っている人が良いと思います。
何故なら、本人の為の様々な選択の決定を本人と一緒に考えるのが成年後見人の役割だからです。
本人は分からないから・・と言って勝手に決めたりせず、きちんと本人と向き合ってくれる人でなければいけないからです。

しかし、親やきょうだい、親戚の場合は、相続が発生していたりこれまでに金銭的なトラブルがあったり、資産が多かったりする場合は、いわゆる専門職後見人(弁護士、司法書士、社会福祉士)などが、適切である場合もあります。

成年後見人の申し立てにはある程度時間が必要です。
成年後見人をつけなければならない時にこれらの条件に合った人を探すのはとても大変です。

今すぐに成年後見人が必要でなくても、もしそうなったら誰にお願いしたら良いのかな?ということを家族で話し合っておくと良いですね。

伯父の介護を通じて感じた事 【伯父を理解する】

10月だというのに暑い日が続いていますね。
伯父を見送って3か月が過ぎました。
まだ、3か月・・もう3か月・・・です。

伯父の介護を通じて多くの事を学び、疑問に思い、一人の人間が生まれてから死んでいくまでの事を真剣に考えた1年8か月でした。

誰にでもやってくる老い、そして様々な準備について勉強させてもらいました。
伯父の事を振り返りながら、自分にも必要な様々な事について考えていきたいと思います。

伯父の介護が始まった詳細については「介護は突然やって来る」の記事をご覧ください。

今日のテーマは「伯父を理解する」
伯母の入院した病院に駆けつけて、その日の帰りに伯父の緊急ショートステイ先に行きました。
地域の包括支援センターと同じ場所にある特別養護老人ホームです。
久しぶりに会う伯父は元気そうでまずは安心しました。
私と甲府の伯父(伯父の兄)、私の母(伯父の妹)の3人で面会しましたが、最初は私たちの事が分かっていないようでした。
おやつを食べながら話していくうちになんとなく親戚なんだなと分かってきたようでした。
しかし、混乱はしているようで、ここがどこなのか?どうしてここにいるのか?は理解していなかったように思います。

そして次の日に伯母から聞いていた担当のケアマネージャーさんに電話しました。
伯母の状況など説明したあとにすぐに言われたのが

「緊急ショートステイは5日しか利用が出来ません。次のショートステイ先を探しましたので、2日後に移動して下さい。迎えに行くのもつれて行くのも親族の方しか出来ないのでお願いします。」

びっくりでした。とにかく2日後には伯父の洋服など身の回りの物を準備して、緊急ショートステイ先に迎えに行って、次のショートステイ先に連れて行かなければなりません。
あれこれ考えている時間はありません。
しかし、我が家には障がいのある長男もいます。
これから全部を一人で抱えるのは難しい・・・どうしよう・・・
近隣市に住む妹に状況を説明すると「もちろん私も手伝うよ。仕事は休みを取るよ。」と言ってくれました。本当に嬉しかったです。

そして次の日。
妹と諸々の準備です。
入院中の伯母と電話をしながら家のどこに何があるか聞きながら、伯父の洋服や髭剃りなどを揃えてすべてに名前を記入します。(これは長男の事で慣れていたのと妹も3人子どもがいるので早かった。)

そして、さらに次の日。
私の車で妹と一緒に緊急ショートステイ先に迎えに行きました。
お昼ごはんを食べ終わった頃に迎えに行きました。
伯父に「久しぶりだね。●●子さんの娘の千晶たちだよー。」というと「おー。そうかそうか久しぶりで分かんなかったよ。」
私「これから私の車で別の場所に移動するよ。しばらく泊まってもらうところに行くの。」
伯父「そうか。はいよ。」

伯母の病院の帰りに寄った時には、私の事が分からなかったので心配していましたが、ひとつずつ説明すれば何をするのかを分かってくれます。
妹と車に乗って、隣の市のショートステイ先に向かいます。

伯父の隣に妹が座って、移動の間に色んな話をします。
小さい時から何度も遊びに行ったり泊りに行ったり、結婚して子どもが生まれたりした時も交流を続けてきた伯父ですが、ここ何年かは私も妹も家事や育児で忙しく、じっくりと話をするのは本当に久しぶりです。
以前の会話を思い出しながら話をします。

妹「伯父ちゃんは何人きょうだいだっけ?」
伯父「6人だよー。」
妹「全員の名前は?」
伯父 すらすらと全員の名前を言う
妹「私たちは●●子さんの子どもだよ。千晶と●●。」
伯父「そうかそうだね。大きくなったね。」
妹「すっかりおばさんだよ(笑)」

妹「伯父ちゃんは何が好きなの?」
伯父「碁が好きだね。」
妹「将棋はしないの?」
伯父「将棋はまあ、誰でも出来るんだよなあ。碁のほうがおもしろい。」

妹「伯父ちゃんは何になりたかったの?」
伯父「そうだねえ。歌手になりたかったんだよ。」
妹、私「えー!!知らなかった!!そうなの!?」
伯父「そうだよう。」
妹、私「じゃあ、今度カラオケに行こうね。」

私たちも私の母たちも聞いたことのない話もたくさん出ました。
様々話していくうちに伯父も私たちの事が分かってきたようです。
迎えに行ったときはちょっと緊張していたようですが、すっかりいつもの伯父の顔つきになってきました。

車の中から景色を眺め、木の名前や地名なども言いながら移動しました。

私たちきょうだいの一番の心配は、「伯父が認知症になってどのようになっているか?」でした。
私たちの知っている伯父はいつも穏やかで話好きでマイペースなイメージでした。
それは、認知症になっても変わっておらず、安心しました。

そして、この後の介護の中で、「伯父の意思を確認する」「伯父の好き嫌いを理解する」という事がとても大切だと実感しました。

認知症があっても知的に障がいがあっても「意思」や「感情」、「思い」はあります。
「その人を知る。」という事が大切なのです。

さて、車は30分ほどのドライブで施設に到着しました。

次回のテーマは【支援を受けるのは契約から】です。

 

認知症の伯父を見送り 1年8か月の介護

6月の半ばに介護していた伯父が旅立ちました。
先日、四十九日法要を無事に済ませました。

子どもの頃からお世話になり、就職する時に保証人になってもらったり、勤務先が近かったので一緒にランチしたり
結婚して子どもが産まれて遊びに行くと、いつも伯母の美味しい料理でもてなしてくれたとても穏やかな伯父でした。

おととしの11月に伯父を一人で介護していた伯母が入院となり、子どもがいなかったので一番近くに住んでいる私が主介護者となり1年8か月、様々なサポートをしてきました。
妹にも手伝ってもらい二人で手探りで始まりました。

伯母が自宅で介護を続ける事が出来ない体調になってしまったので、認知症の伯父の支援をしてくれる場所探しにこの1年8か月は奔走しました。
伯父にとってどこでどのような支援を受けるのが本人の為になるのか?を考え、様々な施設の中から伯父の状況に合わせて選んできました。

ショートステイ、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、病院、老人保健施設、療養型病院・・・・
本当にたくさんの施設でお世話になりました。

本当にここでいのか?ここで良かったのか?
ずっとこの事ばかりを考えていました。

それぞれの施設の良い所、悪い所を見極めながらその時の伯父にとって一番良い施設を選んできましたが、伯父の意思を確認するのが本当に難しく、本当に悩みました。

伯父の体調や好みなど、伯母がいたので様々確認しながら分かって行く事もあり、この1年8か月は本当に必要な時間でした。

伯父の介護を通じて、「本人の為の選択する。」大切さと選択するために必要なことを様々学びました。
これは知的に障がいがある人にとっても重要な事です。

伯父が教えてくれたことを、同じように悩む方々に伝えて行きたい!まだまだ整備されていないことを改善していきたい!と痛感しました。

私をまた少し成長させてくれた伯父に感謝です。

 

健康第一 仕事をしながらの子育てや介護でぐったり

長男も長女も新学年になり、ゴールデンウイークの予定をたてていた4月中旬にいつもの頭痛が始まり、寝ていればそのうち良くなるかな・・なんて思っていたら

頭痛はどんどんひどくなり、吐き気が止まらず何も食べられず歩くものままならない状態になってしまいました。

熱も上がり、鼻水も止まらず病院を何軒もはしごしたのですが、一向に良くなりません。

いつもなら寝ていれば良くなる頭痛も激しくなる一方です。

長男の学校への送りを夫に頼んだり、実家の母に来てもらい家事を頼んだりしていましたが、ゴールデンウィーク中に救急病院に駆け込むと

「なぜもっと早く来なかったの!」

と、夫とともに院長先生に怒られ、各種検査をして点滴となりました。

片頭痛、副鼻腔炎、気管支炎、脱水症状・・・あらゆる症状が出て、言われたのが

「過労ですね。」
「一つでも抱えているものを何とかしなければ、もっと大変な事になりますよ。」

これまでの状況を丁寧に聞き取ってくださった先生の言葉はとても沁みました。

障害のある長男の朝の学校への送りの付き添いや日常生活のフォロー
長女の塾通いのサポート
伯父の介護(私が倒れる2週間前に誤嚥性肺炎で再入院)
伯母の介護(買い物やお風呂の介助など)
抱えていた仕事が3つ
実家の両親のサポート

自分では大丈夫だと思っていましたが、抱えていた様々な問題が一気に変化して私の体と心が悲鳴をあげたようです。

救急での点滴から1か月ほど過ぎ、やっと体調が戻ってきました。

無理はいけません。
抱えている問題の改善を家族みんなで話し合いました。

子育ても介護も絶対的に抱えるのは女性(母や娘)です。
頑張り過ぎなくて良い社会になって欲しいなあと痛感しました。

介護は突然やって来る

大変ご無沙汰しております。
新年のご挨拶もこちらではしないままでした。
実はそれには訳がありまして・・・

11月の連休時に突然介護がやってきたのです。
それから3か月、やっと一息つけたので、皆さんへお話出来るようになりました。

kaigo_woman

11月の連休中に母から電話がありました。
「近隣市に住む私の伯母から電話があり、緊急入院になり家族に連絡するよう言われたから来て欲しいとの事で明日病院に行く。」と。
数年前から認知症になった伯父を一人で介護していた伯母です。
伯父夫婦には私はとてもお世話になりました。
「私も明日一緒に行くよ。」
夫に了解を取って私も病院に向かいました。

認知症の伯父はケアマネジャーさんに緊急ショートステイ先を探してもらい、知り合いにその施設まで連れて行ってもらったとの事で、一安心。
病院に行くと、いつも元気だった伯母がとても辛そうにベットに横になっていました。

子どもがいない夫婦で伯母も一人っ子なので、私たちの親戚が何とかしていかなくてはなりません。
伯母のいとこの方々も病院に来て下さり、今後どのようにしていくのかの話し合いを持ちました。

私の母は山梨の甲府に住んでいますし、実際に動くとなれば一番近くに住んでいる私が動くのが良いという事になります。
病院に来るまでに覚悟はしていましたが、この日から本格的な介護が始まったのでした。

しかも、認知症の伯父と病気で入院中の伯母の同時に二人の介護です。
その時は誰かがやらなくちゃとの思いだけでしたが、実際にやってみて凄い事を引き受けたんだと今更ながら思っています。

今後もこちらのブログでご報告していきますので、ぜひ読んで下さいね。
介護は誰にでも起こりうることです。
今回の伯父夫婦のように子どもがいない場合の困りごとは、一人っ子の知的障がいのある人の家族にも当てはまります。

本当にこの3か月、たくさん考えたくさん悩み、たくさん決めてきました。

そんなノウハウもお伝え出来たらと思っています。

 

 

1 / 11

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite