タグ別アーカイブ: 通所

実はちゃんと分かっている なぜリュックを片付けたのか

先日、ダウン症候群の長男の理解度が分かる出来事がありました。

就労継続B型事業所から帰ってきた長男と自宅に帰ると、すでに長女が帰宅していました。
私はいつものように長男に向かって
「手を洗ったらリュックから連絡帳と水筒を出してね~。」と声をかけました。
リュックには毎日家から持っていく連絡帳と水筒が入っています。
決まったリュックで毎日通所しています。

長男は手を洗ってくると、リュックから連絡帳と水筒を出して私に渡しました。

すると、いつもはそのままリビングに置いておくリュックを自分の部屋に片付けに行きました。
「ん?なんで?」とは思いましたが、片付けるのは良いことなのでそのままにして、家事をしていました。

その後、夕飯の準備をしていると、長男が「まー(ママのこと)」と何かを指さして言っています。
指の先には長男の1か月のカレンダーが。
このカレンダーは100均の1か月のお薬入れに、長男の1か月の予定を書いたものを日付と一緒に入れていて、その日が終わると札をひっくり返して今日は終わり!としているものです。
(詳しく知りたい方はアメブロの1か月の予定を見通し良く理解するの記事をご覧ください)

明日は平日なので、長男の予定は「お仕事」(就労継続B型事業所への通所)です。
それを指さして何かを訴えています。
そして、自分の部屋に走っていって先ほど片づけたリュックを持ってきました。

そうそう、そういえば自宅に帰って来た時に長女がこう言っていたのです。
「明日からお休みだ~」
明日は平日ですが、通っている高校の入試の日なので長女は次の日から2日連続でお休みだったのです。

きっとこれを聞いていたんですね。
だから、自分も休みだと思ってリュックを片付けた。
でも、カレンダーを見たら自分はお仕事になっている。
「お母さん!違うじゃん!!」

長男はほとんどおしゃべりは出来ませんがこんな風に何か伝えたいことがあれば、きちんとアピールしてくれます。
ついつい「聞いてないよね。」「わかんないよね。」なんて思ってしまうのですが、そんなことはないんです。

上手におしゃべりできないから、何となく人の話は聞いていないのかな?なんて思ってしまいがちですが、長男はしっかり私たちの話すことやすることを、本当に良いく見ています。
そして、自分が今は何をすれば良いのかしっかり考えているんですね。

その後、長女も気づいてみんなで大笑いしました。

「ごめんね。お休みは○○ちゃんだけだね。リュックを持ってきてえらい!!」と褒めました。
長男は「そうでしょう!」と言いたげに、にこにこしながら私を見ています。

これからも、長男のアピールやできるようになっていくことをしっかり感じて生活していきたいと思いました。

 

 

長男について夫婦で話してきたこと 情報共有の大切さ

先日、久しぶりに夫と言い争いになりました。

きっかけは、「長男の連絡帳」
久しぶりに土曜日に通所した長男。
その日は私は介護している伯母の家に泊まりだったので、送迎車までの送り迎えや、次の日の昼過ぎまでの面倒をすべてお願いしていました。
日曜日に帰宅して、長男の連絡帳を見ると、「ズボンのホックが取れたので置いてあったズボンをはいて帰ります。」と書いてありました。

夫に「ズボンのホックが取れたって書いてあるけどホックはあった?」と聞くと、「知らない。連絡帳を読んでない。」という返事。

え!!連絡帳を確認していない?

私「ホックが取れたならつけなくちゃならないよね?連絡帳には入ってないけどどこにある?」
夫「・・・・」

洗濯してくれた干してあるズボンを確認に行くとなぜかホックはついてる。
まあ、それはそれで良いのですが(本当は良くないけどこれについてはまた今度)、この時点でちょっと私は怒りモード。

私「連絡帳は通所先から帰ったらすぐに見て欲しいの。重要なことが書いてあるときもあるから・・・」
夫「いつもは見てるけど今回は忘れた。」

いや、その返事は違う。なんでー!!

私としては、自分が家を留守にするときは、何をして欲しいとか何が大事か・・・などは十分話していると思っていました。
例えば、帰った来たら出かけた時と服装は同じか?マフラーなどの忘れ物はないか?上着は来ているか?顔にけがなどがないか?・・・などなど
(長男は自分でできないことがあったり、上手くしゃべれなかったりするので様々な確認が必要なのです。)
でも、夫の認識は少し違っていたようです。

基本的に、私が仕事で出かけたり、実家に帰省するときなど、子どもの世話や洗濯、食事などを嫌な顔をせずやってくれる夫で、それは本当にいつも感謝しています。

でも、どこか中途半端な時があり、問題だった部分を上手く伝えられずにいて、それまで我慢していたことが一気に口から出てしまいました。
どこかで「私たちはちゃんと意思疎通できている」と自負していたのにがっかりしてしまった部分もあったのかもしれません。

長男に関することは、各種手続きや通院、健康管理の方法などまめに情報共有してきたつもりでした。
が、今回のことで十分にできていないと痛感しました。

伯母の家から帰ってすぐに言い争いを始めてしまったので、いったん冷静になり夜に再度話すことにしました。

その夜、私がこれまで言えずにいたことや、夫の考えを再確認しました。
そのうえで、後日もう一度話したいと夫に伝え、話し合いました。

・私が相談したいことを伝えるタイミング 仕事中でも良いのか?土日なのか?
・伝える手段 メール?電話?直接話す?
・記録して共有する方法 文書?メモ?ほかのツール?
・どんなことを共有していくか

話し合いの前に自分の気持ちを文書にしておき、それを確認しながら進めていきました。

私は子育てのメインは母親だけでもなく父親だけでもないと考えています。
夫婦二人がメインで行い、親ならではの視点で子どもの様子や気持ちを確認していく必要があると思っています。

新しい方法を試しながら、親なきあとの備えの部分も含めて情報共有をしていきます。
新しい方法がうまくいったらまた報告しますね。

 

1 / 11

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite