タグ別アーカイブ: ダウン症候群

長男いなくなる!! ~GPS捜索大作戦~

長男いなくなる!! ~駅で見失うまで~の続編です。

駅のホームにも改札にも長男の姿がありません。
校外学習で集合するのは隣の駅です。
もしかしたら、下り電車に乗って一人で行ってしまったのかも・・

同じ学年のお友達のお母さんに電話をして着いているか確認をしました。
が、「まだ、来ないよ!」との返事。

どんどん心臓の動きが激しくなっていきます。
もう一度、改札付近やトイレなどを確認しますが、やはり長男の気配はありません。

長男はGPS付きの携帯をリュックに入れています。
(校外学習の時はいつもは持たせないのですが、この日は念のため入れておこうと思ったのでした。虫の知らせ?)
検索をかけてみると・・・表示されたのは下りの2つ先の駅。

とにかく校外学習の集合場所に行く事にしました。
やはり長男は集合場所にはいません。

担任の先生や引率予定でいらしていた副校長先生にも事情を説明しました。
この時の私は軽くパニックになっていました。

その様子を見て副校長先生は何人かの先生に長男の捜索にあたるように指示をしてくださいました。
再度、GPSの検索をしてみると、なんと「新宿近辺」の表示。
さらに青くなりました。
いなくなってから30分も経っていないのに、「新宿」!
どうして・・・

一体、長男はどこへ・・・

副校長先生からまずは交番に届ける事、自宅のパソコンから検索をかける事、新宿方面に先生を行かせるので連携を取るようにする事。
を、言われました。

すぐに自宅の最寄りの駅の交番で届け出をしました。(こちらの詳細はまたの記事で)

自宅に戻り検索を再開しました。
表示は「新宿千人町」
この時点で私とはぐれてから1時間が過ぎています。

次の検索結果は「北新宿2丁目」
もしかして、地下鉄に乗っている?

交番から検索の最新結果を教えるように言われていたので連絡をし、夫にも電話しました。
夫もとにかく捜索に加わるので、会社に事情を説明したら連絡するとの返事でした。

検索をかける度に場所がどんどん移動していきます。
あまりの移動の速さから、もしかして長男は誰かと一緒なのかも・・と思い、携帯電話を鳴らしてみますが、応答はありません。

次の検索結果は「若松河田駅付近」→「牛込神楽坂駅付近」
どう考えても電車に乗っている様子。

長男とはぐれてから2時間ほどたった10時半過ぎに最寄りの警察署から電話があり、夕方になっても見つからなければ広域捜査の届を出しに警察署に来るように・・との事。
いよいよ、震えが止まらなくなりました。

検索結果は「九段下駅付近」→「小川町駅付近」

検索をかける度に夫と学校で待機している先生と連絡を取り合います。

長男とはぐれて3時間が過ぎています。
移動のルートをみながら、JR東日本、都営地下鉄にも電話をかけ事情を説明して探してもらえないかとお願いしたりします。

この頃、同じ学年のお友達のお母さん二人が家に来てくれました。
「なんか飲んだり食べたりしなくちゃ・・」といろいろと買ってきてくれたのです。

長男がいなくなってから3時間半が過ぎたころの検索結果は「末広町駅付近」

夫との電話では「近づている気がする」と。
夫は検索するたびにタクシーで移動しています。
先生も2名向かってくれています。

検索結果は「台東区上野一丁目付近」→「台東区湯島三丁目付近」
急に移動距離が少なくなってきました。
電車を降りて歩いている?湯島天神の辺りにいる?

私はGPS携帯を検索しながらネットの地図アプリで移動の状況を追っていました。
春日通りを歩いている?

と、その先に警察署があるのが分かりました。
すぐに学校に電話してその旨を伝えました。

学校側から警察署に前を通るはずだから確認してくれるようにと、すぐに電話してくれました。

この時はとにかく祈るしかできない状況でした。
無事で何事もなく元気で帰ってきて欲しい・・それだけを祈っていました。

まもなく、学校から電話があり

「いました。警察署で保護してくれました。」

私は「本当に見つかったんですか!」と叫んでいました。

 

自宅近くの駅ではぐれてから4時間半が過ぎていました。

捜索に加わってくださった先生方、保護して下さった警察署の方、心配して家にきてくれた友達のお母さん・・・皆さんに感謝です。

一人登校の始まり その④

4月からの高校生活に合わせて始まった長男の電車通学。
知的障がいがある長男の通学に毎日付き添っている私。

ハプニングはまだまだ続きます。
今回は「駅で長男を見失う」です。

通学の時に、家から最寄りの駅までは大人の足で歩いて10分程度です。
駅までの道のりで長男は私と並んで歩く事を嫌がります。
なので、毎朝先に長男が家を出て私がその後を追いかけます。
私がついてきている姿が見えると止まってしまうので、長男に見つからないように後をつけます。
そうです。尾行です。(多分、はたからみたら私は不審者でしょう。)

その日も長男の50Mくらい後ろを歩いていました。
長男は私が後ろにいるのは分かっているのですが、私の姿が見えたり追いついたりしてしまうと動きが止まってしまうので、細心の注意を払って尾行していました。
駅の構内に向かうスロープで長男に追いついてしまい、長男を追い越して「行くよ~」と声を掛けました。
(長男の歩みはのんびりで電車の時間を見ながら調整して尾行します)
そして、改札の手前で長男を待ちます。

スロープを抜けて改札までは1,2分です。
振り返って長男の姿を探しますが、いるはずの長男がどこにもいません。
その間ほんの20秒ほど、一瞬目を離した隙に見失ってしまったのです。

心臓がどきどきしてきます。
少しスロープの方に戻ってみたり、改札の先を確認したりしますが、どこにも長男の姿は見えません。
心臓はピークです。尋常じゃない汗も出てきました。

自分に「焦るな、焦るな・・・」と言い聞かせどうするべきか考えます。
時間を確認するとあと1分でいつも乗っている電車が到着します。

もし、私より先に改札を通っていたら一人で電車に乗ってしまうかもしれません。
一瞬の判断で私は改札をものすごい勢いで抜けて、駅のホームまで走りました。

エスカレーターを駆け下りるとそこには長男の姿が!!

なんと、いつの間にか私を追い越して改札を通っていたのでした。

私の姿を見た長男は涼しい顔をしています。
「先に行ってたんだね・・。」と声をかけるとにっこり。
と同時に電車も到着しました。

二人で無事に電車に乗り込む事が出来ました。

長男を見失ったりはぐれてしまったりした時の為に、GPS携帯を長男のリュックには入れています。
ですが、今回のように駅の構内で見失った場合は、この携帯で長男の居場所を確認するには使えません。(だって駅が表示されるだけだから・・・)

kaden_keitai

後ろにも目が欲しい・・・とこの時ほど本気で思ったことはありません。

もし私が長男のところに行くのが1分遅かったら・・・長男は一人で電車に乗ったのだろうか?
もし一人で乗っていつも通り次の駅で降りれたのだろうか?

色々と考えさせられた5分間でした。

 

 

15年前に出した手紙が届きました

こんにちは、急に寒くなりましたね。

体調は充分注意して過ごしたいですね。
さて、夏ごろにこんな葉書が届きました。

15年後の手紙案内はがき

すっかり忘れていたのですが、15年前に長男が産まれた年の東京都の広報に載っていた企画で「タイムカプセル~我が子への手紙~」という、15年後に子ども宛に出す手紙の募集でした。

広報誌で見た時は、長男が産まれたばかりの頃だったように思います。
凄く悩んで出すことに決めて、夫と一緒に手紙を書いたのでした。(夫が書いたのは本人から言われるまで忘れていました・・・)
ダウン症候群である長男が15歳の時に生きているだろうか・・・手紙を読んで内容を理解できるだろうか・・・
様々悩んで、今の自分の気持ちのメモのつもりで書きました。

開封式には行けないので欠席のお知らせをしたところ、開封式後に順次登録してある住所に送ってくれるとの事でした。

すると昨日、こんなお知らせと一緒に、書いた手紙が届きました。

img_40401

 

実はもうすぐ長男の15歳の誕生日がやってきます。

夫と相談して、その日に手紙を開ける事にしました。

 

15年前の自分の気持ちと向き合うのがちょっと怖い気もしますが、楽しみにしています。

開封したらまたご報告しますね。

知的障がいの子どもが産まれたら良い母親にならなければいけない?

14年前に長男が産まれて2日目に「ダウン症候群の可能性があります。」と告知をされました。

その時は何をどうすれば良いのか分からず眠れない夜を過ごしました。
そして、何となく「私の人生はどうなるんだろう・・・」と考えていました。

これまで長男の子育てをしながら強く感じているのは、「長男が私を育ててくれた」という事です。
長男がダウン症候群だと友人に告げると「きっと貴方なら育てられると神様が思ったから授かったのよ。」と言ってくれるのですが

私は「自分が無知で未熟であるからこそ長男が来てくれたんだ。」と痛感しています。

最初から何でも出来る人なんていないと思うのです。
少しずつ少しずつ出来ていけばいいんです。
私も最初は何も分かっていなかったし、できていませんでした。

自分の人生も子どもの人生もどちらも大切です。
なにかを諦めたり我慢したりする必要はありません。
趣味を続けたり仕事を続けたり、飲みに行ったりしてもいいんです。

ただ、知的障がいの子どもを育てて行くには、ここは外せない!!という事柄が、知的障がいのない子どもの場合に比べてちょっと多いのです。

子育ての基本は「子どもが自立して生きていけるように親としてサポートする事」と私は考えます。

子どもの幸せの為に、自分の人生も楽しみながら生きていく。

親子、手

産まれてきてくれた命は生きていく力を持っていると私は長男の子育てを通じて実感しています。

 

はじめまして!濱倉千晶です。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室の濱倉千晶です。

山梨県甲府市生まれ、東京都国分寺市在住です。
夫と長男、長女の4人家族です。

ダウン症候群の長男が私のところにやってきた事が、相談室を始めるきっかけになりました。
知的障がいの子どもを育てていくのは様々な悩みや迷いがつきものです。
私の知識や経験をお伝えする事で、同じように悩み迷っている皆様のお役に立ちたいと思っています。

知的障がいのお子様の自立の為には、親と子のライフプランを考えながらちょっと先の事を見据えていく事が大切です。
準備する事や知るべき情報など、家族の状況に合わせて「いつ」「何を」していけば良いのかアドバイスさせて頂いています。

「家族みんなの幸せの為のお手伝い」をさせて頂いています。

こちらのブログでは知的障がいのお子様の為に出来ることをお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

【濱倉千晶ってこんな人】
・おとめ座
・B型
・好きな言葉  「あきらめない」「なんとかなる」
・好きな数字   7、9
・好きな事    料理、読書、カラオケ

1 / 11

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite