カテゴリー別アーカイブ: 子育て

支援者・理解者の皆さまに支えられている生活

この4月から就労継続B型の事業所に通所の始まった長男。

コロナウイルスで他の事業所が自宅待機や自宅作業などの対応の中、長男の事業所は受け入れを続けて下さり本当に助かりました。
毎日、同じリズムでの生活をすることが、安定して暮らしていけるので、通所し始めてもうすぐ丸3か月になり、すっかり朝の支度などのペースもつかめてきました。

通所になってからは8時半に家を出て送迎車で事業所に向かい、16時半には送迎車で送ってもらい自宅に到着です。
ですので、私も仕事を自宅で出来るように早い段階から準備してきました。
外出する仕事の場合、移動時間を考えるとコア時間は10時から15時といった感じです。
これは、長男が生まれた時から分かっていたことでしたから、「働き方」をどうするか考え準備してきました。

長男が学校に通学している時には、学校の後に「放課後等デイサービス」に行くことができましたから、デイサービスの送迎車で帰ってくるのは18時くらいでした。
今と比べると使える時間にかなりの差があります。

現在、長男が通所している事業所や学生時代に利用していた放課後等デイサービスでの支援者の皆さまのおかげで母である私も仕事を続けることができています。

様々なきっかけや理由で、知的障がいのある子ども達と関わりたいと思って下さり嬉しいです。

親としてこれからも、一人でも多くの人に私たちの暮らしぶりや知的障がいのある人たちの能力や特性を理解していただけたらと思っています。

3月からは大皿料理が増えました

3月からの自粛生活ではとにかく食事を作る回数が半端なかったですね。

ダウン症候群である長男は生まれつき筋肉量が少ないので太りやすく、幼児のころからカロリーを考えた食事をしてきました。

ですので、食事をお皿に盛るときは基本、個別。
大皿に盛ってしまうとどのくらい食べたのか分からなくなってしまうからです。

でも、このコロナ渦では食事を作る事にストレスを感じ始めてしまったので、「ええい!もう大皿に出しちゃえ!!」ということで。

大皿に出すと大喜びする長男。
私は洗い物が簡単で大助かり。

長男も私も嬉しい。
ならこれで良いよね。

新型コロナウイルス自粛生活で得たもの 長女編

今回は長女との生活について書いてみます。
4月に新高校生として新しい世界が始まる予定だった長女

4月に一度、入学式で学校に行ってからはずーっと自宅学習の日々。

送られたくる課題をこなしたり、オンラインで様々な情報がくるので確認したり、Eポートフォリオを入力したり、課題の提出をタブレットやパソコンで送ったり・・・
普通の高校生生活とは一味違う日々を過ごしてそれなりに忙しい毎日でした。

そんな中特に感じたのが

1、一緒に勉強をする時間が増えた
中学の時も割とリビングで勉強することが多く、分からないことがあると仕事や家事をしている私に聞いてくることがありました。
しかし、今回はいつ学校が始まるか分からないので、教科書の予習をなるべく進めておこうということになり、数学などは教科書を読むだけではわからない~と泣きついてきました。
教科書の説明を補足して問題集を一緒に解きました。
数Ⅰくらいならなんとかついていけますが・・・仕事とは違った脳を使うので楽しい時間でもありました。

数学以外はなんとか自分で予習できたようです。

2、将来について話す時間が増えた
もともと、私と色々な話をしているので(恋の話はしてくれませんが・・)、どんな社会人になりたいか、どんな職業に就きたいかなどは話しているつもりでした。
しかし、高校1年の2学期には理系か文系かを決めなければならず、どの大学に行くかについて具体的に考えなければならず、これまで以上につっこんだ話をするようになりました。

私自身がどのように大学を選んだかとか、会社に入って何を思ったかなども話す機会がありました。
自分の10代後半の気持ちを思い出しながら話をしました。
このおかげで私自身の今後のやりたいことや生き方などもじっくり考えるきっかけになりました。

子育ては自分の人生の道をもう一度たどれるチャンスなのだなと今回の自粛時間の中での長女との時間で感じました。
長女の将来に更なる光が差すよう親として全力でサポートしていきます。

 

 

新型コロナウイルスの自粛生活で得たもの 夫婦編

先月、全国の緊急事態宣言が解除になりましたね。
とは言えすべて元通りとはいかないので引き続きできることはやっていこうと思っています。
(外出を控えたり、マスクをしたり、手洗いや除菌を徹底したり・・・)

3月からの新型コロナウイルスの自粛生活で私も様々な変化や発見がありました。
今日は夫婦編として夫とのことを書いてみます。

1、感謝が増えた
・夫の収入に変化がなかった
お金のことは本当に大切ですね。勤務時間も減らなかったかわりにお給料にも変化はなく本当にありがたいです。
・自宅勤務の際に長男の送り迎え
緊急事態宣言が出されてから週に2,3日の自宅勤務になり、その際は長男の送迎車までの送り迎えをやってくれました。
私は自宅で仕事をしていると常に送り迎えの時間を気にして作業を進めなければならないのですが、夫が行ってくれる時は集中して仕事ができました。

2、話す時間が増えた
・夫は通常だと朝7時前に出勤し、帰宅は22時過ぎというのが当たり前
通勤時間がないので、その時間にいつもならメールなどで伝えていたことを直接話して相談などができました。
・二人だけ昼食
長女が伯母宅に行って勉強することがあり、夫婦二人で昼食を食べることがあり、子どもがいると話せないことなどを食事をしながら話すことができました。

コロナの自粛生活の前は、夫は6時半過ぎに出勤して22時前後に帰宅という生活でした。
じっくり話ができるのは週末くらいで、そんな週末も子どものことや伯母の介護やなんやかんやで時間がとれずにいました。

現在のこと、未来のことをじっくり話せる時間がとれたことはとても良かったです。

夫にもっと感謝の気持ちを言葉で言わなくちゃいけないなあ・・・と痛感。

 

やっと現状を理解 学校の休校について

3月に入って我が家の子ども達は二人とも休校になりました。
二人とも3年生で卒業前の友人との学校生活を過ごす時間を奪われてしまった形になりました。
卒業式は二人とも無事に行われる予定になりましたが、共に在校生は出席せず、縮小の形の卒業式となるようです。

我が家の長男は特別支援学校に通学中。
3月のからの休校について、今週半ばにやっとなんとなく理解が出来てきたようです。
3月2日からの1週間はそれは大変でした。
学校が無く朝から放課後等デイサービスに行くのですが「なんで朝から?」と思うらしく準備をしてさあ行こう!となったら「やだ!行かない!」アピール。
いやいや、仕事あるし行って欲しいのですが・・・
「行かない!」となってしまったらすぐに切り替えの出来ない長男。
仕方なく長女と二人で留守番をさせて仕事へ。
仕事中もドキドキです。

長男の通っている特別支援学校は早急に対応して下さり、一人で留守番が難しい生徒は学校に通学を一部認めてくれました。
申し込みなどは事前に必要でしたが、大変助かりました。
ですが、私が送っていく場合「行かない!」となりかねないので初日は夫に頼んで学校に送ってもらいました。

通常のルーティンをこなすのが得意な長男。
逆を言えば、それが崩れた時に理解するまでに時間がかかるという事です。
来週の卒業式まで、私の仕事が入っている時は学校へ、そうでない時は放課後等デイサービスへ行きます。
無事に卒業式を迎えたいです。

長男は2月28日に行くはずだった卒業遠足が中止になり、お弁当を学校に持参しました。
長女も毎日お弁当でしたから二人分のハンバーグ弁当を作りました。

その後、学校が再開になって欲しい!と祈っていましたが、結局卒業式まで学校はお休み。
長男にとっては学校生活最後のお弁当、長女にとってはこれが中学校生活最後のお弁当になってしまいました。

コロナウイルスに伴う休校で思う事

2月27日の突然の全国一斉休校要請は私たち子どものいる家族に大きな衝撃を与えました。

我が家も長男は特別支援学校高等部3年、長女は公立中学校3年なので、もちろん報道を見てびっくり!!

今日から二人とも休校になっています。
何より辛かったのは、突然2月28日の1日しか友人や先生と会う事が出来ず、長期休みになってしまった事。
気持ちが追いつかず、なんで、どうして・・・という思いでいっぱい。
二人とも卒業式がどうなるのか?これが一番の問題です。

卒業式は次のステップに向かう為の大きな区切り。
保護者やお世話になった先生、そして大切な友達と一緒に式を作りまた一つ自立していく大事な行事です。
二人とも卒業式は今のところ行われる予定ですが、かなりの縮小をして行われるようです。
長男は在校生は参加しないかもしれません。
長女はこれまでずっと練習してきた歌も代表者の別れの言葉も、証書授与も簡素化のようです。
長女の落ち込みようは見ていて辛いです。

親としての私も大変です。
仕事をしていますから、特別支援学校に通学している長男を日中どうするか?が最大の問題です。
幸い、通所していた2つの放課後等デイサービスの事業所は午前中からの預かりを早めに決定して下さり連絡も頂きました。
ただ、お迎え時間が仕事の開始に間に合わない日が出てきました。

お客様に調整をお願いしましがどうしても動かせない日程もあり、もうその日は長女と二人で家で過ごしてもらうしかありません。

我が家はまだ良いほうなのかもしれません。
ある程度、年齢も大きいですし、きょうだいでいられます。
でも、一人っ子だったり、きょうだいの仲が悪かったりしたら親なしで家にはいられないでしょう。

特別支援学校でも埼玉県では休校にしていないそうです。
様々な子ども達の状況を考慮して下さったのでしょう。

この、政治的な判断が、最終的には良かったと言われるものになって欲しいです。
大きなしわ寄せが子ども達に来ている気がします。
本来、早急にすべき対策はたくさんあったように思います。

明日もお弁当作りです。

 

送り迎えの人生

2020年になりましたね。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、本日より子ども達の学校が始まりました。
学校が始まるという事は、私の長男の学校への付き添いも始まります。

長男は現在、特別支援学校の高等部に通学しています。
高等部は基本的に自力通学という事になっています。
しかし、うまく話すことの出来ない長男が電車で一人で通学するのは難しく、毎朝私は長男と一緒に学校に通学しているのです。

多分、何のトラブルもなければ一人で自宅から最寄りの駅に行き、電車に乗って1駅で降り、駅から歩いて学校に行く。という事は出来ると思います。

ですが、電車は遅れたり止まったり、人がホームに溢れていたりと、様々な状況が起きてきます。
この時に、話の出来ない長男が一人でどこまで対応出来るのか不安で高等部に入学してからずっと朝の通学は付き添ってきました。

その付き添いも高校の卒業と同時に終わりになります。
あと2か月ちょっと。

思えば、小学校は学校まで、中学部はスクールバスのバス停まで、ずっと朝は一緒なのです。
高等部を卒業しても就労先の送迎車までまた送っていくのでしょう。

先輩のお母さんが「私たちはね。子どもの送り迎えの人生なのよ。」と言っていたのを思い出します。
私としては送り迎えは大変ではありますが、どこかに楽しみを見つけようと思ってきました。

✔毎朝きちんとお化粧して出かけられる
✔朝からたくさん歩くので良い運動になる
✔天気の良い時は学校から自宅まで歩いて帰って運動量のアップ
✔規則正しい生活を送れる

他人からみたら「大変ね・・・」と思われるのかもしれませんが、長男が生まれてから私にとってはこれが当たり前。

これからも長男を育てていく楽しみを見つけながら暮らしていきます。

でも・・・時々一人で自由に時間を使いたい!!と思う時はありますよ。

健康第一 仕事をしながらの子育てや介護でぐったり

長男も長女も新学年になり、ゴールデンウイークの予定をたてていた4月中旬にいつもの頭痛が始まり、寝ていればそのうち良くなるかな・・なんて思っていたら

頭痛はどんどんひどくなり、吐き気が止まらず何も食べられず歩くものままならない状態になってしまいました。

熱も上がり、鼻水も止まらず病院を何軒もはしごしたのですが、一向に良くなりません。

いつもなら寝ていれば良くなる頭痛も激しくなる一方です。

長男の学校への送りを夫に頼んだり、実家の母に来てもらい家事を頼んだりしていましたが、ゴールデンウィーク中に救急病院に駆け込むと

「なぜもっと早く来なかったの!」

と、夫とともに院長先生に怒られ、各種検査をして点滴となりました。

片頭痛、副鼻腔炎、気管支炎、脱水症状・・・あらゆる症状が出て、言われたのが

「過労ですね。」
「一つでも抱えているものを何とかしなければ、もっと大変な事になりますよ。」

これまでの状況を丁寧に聞き取ってくださった先生の言葉はとても沁みました。

障害のある長男の朝の学校への送りの付き添いや日常生活のフォロー
長女の塾通いのサポート
伯父の介護(私が倒れる2週間前に誤嚥性肺炎で再入院)
伯母の介護(買い物やお風呂の介助など)
抱えていた仕事が3つ
実家の両親のサポート

自分では大丈夫だと思っていましたが、抱えていた様々な問題が一気に変化して私の体と心が悲鳴をあげたようです。

救急での点滴から1か月ほど過ぎ、やっと体調が戻ってきました。

無理はいけません。
抱えている問題の改善を家族みんなで話し合いました。

子育ても介護も絶対的に抱えるのは女性(母や娘)です。
頑張り過ぎなくて良い社会になって欲しいなあと痛感しました。

かなりのクオリティです

長男の通学している特別支援学校では、高等部になると授業で作成している製品の紹介や販売などがあります。
長男は高等部1年の時に陶芸班になり、作業の時間に様々な焼き物を作っていました。
1学期の学校公開の際には粘土をのばしたり模様をつけたりと集中して頑張っている姿を見る事が出来ました。
学校の50周年の行事もあり「花器」を作っていたのですが、これが本当にデザインも素晴らしくて販売があれば絶対に買わなくちゃ!!と思っていました。

ちょっとお花を挿せる形です。

IMG_0350[1]

実際に挿してみるとこんな感じ。(挿し方がイマイチだわ~)

IMG_0403[1]

もちろん先生のフォローが大きいですが、少しずつ少しずつ積み上げて製品を完成させていきます。
祖母たちも欲しいという事で4セット購入しました。

販売の日には他の「布班」「工芸班」のみんなの製品も購入しました。

IMG_0351[1]

これ以外にもまだまだたくさん製品を作っています。
積み上げてしっかり出来るようになる長男たちの事をもっと知ってもらいたいと心から思う製品ばかりです。
サポートして下さる方がいれば、知的障がいがあっても生産性のある仕事は出来ると私は常々思っています。

就労や仕事の場が広がって自立の方法の選択肢がより増えると良いのになと感じています。

特別支援学校の生徒たちの能力をもっと知って欲しいなあ。

 

 

一人登校の始まり その⑤

夏休みももうすぐ終わりですね。
2学期が始まるという事は私の通学の付き添いも再開です。

1学期中の通学でのハプニングはまだまだあります。

今回は「母が電車に乗れない?!」です。

その日は到着したいつもの電車に乗ろうとすると超満員。
どうやら何かあって電車が止まっていた時間があったようです。
乗り込もうとする長男に「この電車は混んでいるから次の電車にしよう。」と声を掛けましたが、案の定、答えは「やだ!!」

整列して乗る気満々です。
先に電車に長男が乗り込んだので私も・・・と思ったら、一歩も入る隙がありません。
足をステップにかけようとしても最前列にいる乗客の皆さんは全く動く気配がありません。

長男はすでにちょっと奥に乗っています。
このまま私が乗らない訳にはいきません。
もう一度乗り込もうとしますが駄目です。
(皆さんなんとなくもうあきらめなよ~って雰囲気です)

「どうしよう、なんて言えばいいんだろう・・・」
「長男一人でこんな混んだ電車に乗って一人で降りれるだろうか?」
「乗り過ごしたらすぐに見つけられない・・」
一瞬で色々と考えます。

ドアが閉まるまでには絶対に乗らなければなりません。
でも言葉が出てきません。

animal_buta_shock

なんとかドアが閉まらないように足をかけたまま
独り言のように「●●(長男の名前)と一緒に乗りたい・・」とつぶやいた時、ちょっと奥にいた長男が「ママ・・」と言って私に向かって手を伸ばしてきました。

その様子を見て乗客の皆さんが「あ!」と思ってくださったのか、ちょっとずつ皆さんが動いてくださり私が入り込む隙間が出来ました。
こんなに嬉しかった瞬間はありません。
「すみません。」と言いながら、長男の手を取り無事に乗り込むことが出来ました。

後で冷静になって考えてみたら「知的障がいの子どもが先に乗っているので私も乗せて下さい。」と言えば良かったのだと思いました。
でも、とっさにはその言葉は出てきませんでした。
今回は母の私にとっての経験になりました。
次回はたぶん躊躇なくこの言葉が言えると思います。

この話にはおまけがあって、ほっとして次の駅で降りようと思い長男を見ると、乗るときにしていたはずの制服のネクタイがなくなっていました。
長男は自分でネクタイを結べないので、後ろでフックで留められるネクタイを使用してます。
満員電車で体を小さくした時にホックが外れてしまったようです。
長男の足元を見ようとしますが、何せ満員で見えません。
満員電車の上、降りる駅は他の乗客の乗換駅でもあるのでかなりの人がこの駅で降ります。
電車のドアが開いた瞬間、長男の手を取りながら足元を見ると、ありました!!
凄い勢いでかがんで拾いました。(皆さんに蹴られるかと思いました・・・)
なんとも盛沢山な5分の乗車でした。

1 / 212

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite