カテゴリー別アーカイブ: 親なき後のために

整理して共有することをピックアップ! お掃除はじめました

昨年末から続けていることがあります。
それは

「納戸やリビングの棚の整理」

なぜ整理を始めたのか?

納戸やリビングに備え付けの棚の中にはもう何年も見ていない資料や本、子どもの学校で作った作品などでいっぱいです。
これはここに置いておいてもただ場所をとるだけなので要るものといらないものを分けてすっきりしたい!と思ったのです。

 

どうやって進めていくか

私はなんでもやり始めたらなるべく早くにその作業を終わりにしたいタイプです。
しかし、納戸や棚の整理は何年もかかって増えてしまったものの整理であり、私だけで捨てて良いのか判断に迷うものもあり、家族を巻き込んで少しずつ進めていくのが良いと判断しました。
まずは年末に捨てられるものはとにかく捨てました。
スペースができたので今年に入ってから納戸に入る棚を購入しました(年末に棚を買ってしまうとすぐに片づけをやりたくなってしまうので、我慢しました。)
棚にはすぐに取り出すものとそうでないものに分けて置く位置を決めて収納しました。

 

家族で何を共有するのが必要か考える

整理を始めると家族で共有した方が良いことが見えてきました。
これまで、夫とは長男のことについての共有すべき情報はファイルにまとめていました。
毎年の各種申請手続きの流れなどはファイリングしています。
(詳しくは情報を共有する大切さの記事をご覧ください。(2015年に書いていますね))
ですが、これから終活に向けて夫婦で何を共有しておくべきかについてはあまり話してきませんでした。
長女も高校生になり様々な判断ができるようになってきたので私たちの気持ちも伝えておくべきことがあります。
納戸などを整理している時に次々にこれも必要、あれも必要・・と思うことに気づきました。
普段から夫とはお金の使い方については定期的に話してきましたが、これからは残していくものについてじっくり話していくことが必要だと感じました。

 

実際に話してみる

大みそかは子どもが寝たあとに夫と年越しの乾杯をしてこれからのことや今考えていることなどをじっくり話しました。
私たちも現実に終活のイメージが湧いてきて何をどのように進めていくかかなり具体的に話ができました。

 

これまでの共有してきたものも方法をアレンジしたり新しくなった情報は更新したりして2021年は1年かけてじっくり書類を作っていこうと決めました。

良い1年のスタートができました。

本格的にオンラインでの相談を開始します

寒い日が続きますね。
夕方になって日が落ちると本当に寒いですね。

さて、本日は東京などに新型コロナウイルス関連で緊急事態宣言がでるようです。
こんな事態になるとは想像していなかったので本当に驚きです。
家族が健康で過ごせるようこれからも気を配っていきたいです。

新型コロナウイルスが終息すると思っていたので昨年5月に7月までの限定での料金での相談を行いました。
この様子ですと、新型コロナウイルスとの共存をしながらの生活が続くようなのでオンライン相談の料金なども含めしっかり決めて相談を行います。

近日中に詳細をお知らせしますね。

2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

長男について夫婦で話してきたこと 情報共有の大切さ

先日、久しぶりに夫と言い争いになりました。

きっかけは、「長男の連絡帳」
久しぶりに土曜日に通所した長男。
その日は私は介護している伯母の家に泊まりだったので、送迎車までの送り迎えや、次の日の昼過ぎまでの面倒をすべてお願いしていました。
日曜日に帰宅して、長男の連絡帳を見ると、「ズボンのホックが取れたので置いてあったズボンをはいて帰ります。」と書いてありました。

夫に「ズボンのホックが取れたって書いてあるけどホックはあった?」と聞くと、「知らない。連絡帳を読んでない。」という返事。

え!!連絡帳を確認していない?

私「ホックが取れたならつけなくちゃならないよね?連絡帳には入ってないけどどこにある?」
夫「・・・・」

洗濯してくれた干してあるズボンを確認に行くとなぜかホックはついてる。
まあ、それはそれで良いのですが(本当は良くないけどこれについてはまた今度)、この時点でちょっと私は怒りモード。

私「連絡帳は通所先から帰ったらすぐに見て欲しいの。重要なことが書いてあるときもあるから・・・」
夫「いつもは見てるけど今回は忘れた。」

いや、その返事は違う。なんでー!!

私としては、自分が家を留守にするときは、何をして欲しいとか何が大事か・・・などは十分話していると思っていました。
例えば、帰った来たら出かけた時と服装は同じか?マフラーなどの忘れ物はないか?上着は来ているか?顔にけがなどがないか?・・・などなど
(長男は自分でできないことがあったり、上手くしゃべれなかったりするので様々な確認が必要なのです。)
でも、夫の認識は少し違っていたようです。

基本的に、私が仕事で出かけたり、実家に帰省するときなど、子どもの世話や洗濯、食事などを嫌な顔をせずやってくれる夫で、それは本当にいつも感謝しています。

でも、どこか中途半端な時があり、問題だった部分を上手く伝えられずにいて、それまで我慢していたことが一気に口から出てしまいました。
どこかで「私たちはちゃんと意思疎通できている」と自負していたのにがっかりしてしまった部分もあったのかもしれません。

長男に関することは、各種手続きや通院、健康管理の方法などまめに情報共有してきたつもりでした。
が、今回のことで十分にできていないと痛感しました。

伯母の家から帰ってすぐに言い争いを始めてしまったので、いったん冷静になり夜に再度話すことにしました。

その夜、私がこれまで言えずにいたことや、夫の考えを再確認しました。
そのうえで、後日もう一度話したいと夫に伝え、話し合いました。

・私が相談したいことを伝えるタイミング 仕事中でも良いのか?土日なのか?
・伝える手段 メール?電話?直接話す?
・記録して共有する方法 文書?メモ?ほかのツール?
・どんなことを共有していくか

話し合いの前に自分の気持ちを文書にしておき、それを確認しながら進めていきました。

私は子育てのメインは母親だけでもなく父親だけでもないと考えています。
夫婦二人がメインで行い、親ならではの視点で子どもの様子や気持ちを確認していく必要があると思っています。

新しい方法を試しながら、親なきあとの備えの部分も含めて情報共有をしていきます。
新しい方法がうまくいったらまた報告しますね。

 

新型コロナウイルスの自粛生活で得たもの 夫婦編

先月、全国の緊急事態宣言が解除になりましたね。
とは言えすべて元通りとはいかないので引き続きできることはやっていこうと思っています。
(外出を控えたり、マスクをしたり、手洗いや除菌を徹底したり・・・)

3月からの新型コロナウイルスの自粛生活で私も様々な変化や発見がありました。
今日は夫婦編として夫とのことを書いてみます。

1、感謝が増えた
・夫の収入に変化がなかった
お金のことは本当に大切ですね。勤務時間も減らなかったかわりにお給料にも変化はなく本当にありがたいです。
・自宅勤務の際に長男の送り迎え
緊急事態宣言が出されてから週に2,3日の自宅勤務になり、その際は長男の送迎車までの送り迎えをやってくれました。
私は自宅で仕事をしていると常に送り迎えの時間を気にして作業を進めなければならないのですが、夫が行ってくれる時は集中して仕事ができました。

2、話す時間が増えた
・夫は通常だと朝7時前に出勤し、帰宅は22時過ぎというのが当たり前
通勤時間がないので、その時間にいつもならメールなどで伝えていたことを直接話して相談などができました。
・二人だけ昼食
長女が伯母宅に行って勉強することがあり、夫婦二人で昼食を食べることがあり、子どもがいると話せないことなどを食事をしながら話すことができました。

コロナの自粛生活の前は、夫は6時半過ぎに出勤して22時前後に帰宅という生活でした。
じっくり話ができるのは週末くらいで、そんな週末も子どものことや伯母の介護やなんやかんやで時間がとれずにいました。

現在のこと、未来のことをじっくり話せる時間がとれたことはとても良かったです。

夫にもっと感謝の気持ちを言葉で言わなくちゃいけないなあ・・・と痛感。

 

マイナンバーの活用はどのように利用する目的があるか国民に示してから行って欲しい

コロナウイルスの「特別定額給付金」の申請でまた出てきたマイナンバー問題。

マイナンバーが始まった時にマイナンバーカードについてもかなり質問を受けました。

「知的障がいのある成人の子どもの銀行からマイナンバーの提出を求められた」
「施設の利用に必要があるのでマイナンバーカードを発行してくるように言われた」
などなど

私自身も長男の福祉サービスの利用の申請書にマイナンバーを記載する欄があってどうすべきか困った時がありました。

マイナンバーが始まった頃は強制ではなかったので極力マイナンバーは記載せずに行いました。
しかし、国は今後マイナンバーをどうしても活用したい考えのようです。

 

私はマイナンバーを活用するなら、まず日本国民全員にマイナンバーが行きわたるよう様々整えるようにすべきだと考えています。
定住所の無い方、住所があっても事情がありそこに住めない方など、いまだに自身のマイナンバーを知らない方もいるのでは?と思っています。
「様々な事情がある」ということは「何らかの支援が必要である」ということだと思います。
支援が必要な人に正しく支援が届くようにする。
これが国が行うべき本来の形だと思います。

それをせずにとりあえずマイナンバーが届いている人から口座などを紐づけしていこう・・なんて、安易すぎないか?と感じています。

何のためにマイナンバーを使い、何を紐づけするのか、情報の管理はどうするのか、きちんと国民に示してから、そして、国民のためになるように進めて欲しいと思っています。

知的障がいのある人たちにとってどのようにマイナンバーが使われるのか?
これを見極めて親として判断していかなければならいと痛感しています。

 

オンライン講座 新メニュー開始

先日オンライン個別相談の開始をお知らせしました。
詳細はこちらです。
↓↓↓
オンライン個別相談を開始します

そして、上記に加えてオンラインでできるサポートとして以前から検討していたサービスを新たにスタートすることにしました。

【知的障がいのある人へのサポート】
自分のお金の管理を自分でできるようになるステップアップ講座
日々のお金の管理を一人で、もしくは支援者と一緒にできるようにするサポートです。
ご本人のできることを確認しながら、次のステップへと進んでいきます。
オンラインで行うことで、自宅で受講できるので移動などの負担がありません。
また、保護者や支援者の皆さまも一緒にサポートの内容を聞くことができるので安心です。
毎月の宿題やチェックなどを行って楽しんで進んでいけるようにサポートします。

【知的障がいのある人のいる保護者の皆さまへのサポート】
①ライフプランを考えて様々な資金を準備するための講座
知的障がいのある人のためのお金の準備やきょうだいのためのお金、自分自身のお金の使い方のサポートです。
夢プランの作成の方法、現在の家計の状況など、ご夫婦そろってオンラインで受講できます。(もちろんお一人でもOK!)

②様々な情報共有の方法を実践するための講座
知的障がいのある人の情報や家族で共有すべき事柄をどのように整理して、書類として残していくかをサポートします。ファイリングの方法もサポートします。

③終活準備講座
知的障がいのある人いる家族は早めの終活が必要になります。早ければ早いほど安心です。
家族の問題点や対応すべきことを明確にして実践していくことをサポートします。

それぞれのサポートはまずは基本相談をお受けいただきます。
基本相談にて問題点をはっきりさせ、サポートの内容を決定してスタートいたします。

基本相談は60分目安で8,800円(税込み)のところ、7月までは毎月3組まで5,500円(税込み)の特別料金となります。

ご本人へのサポートは1時間3,300円(税込み)のところ、7月までは1時間2,200円(税込み)の特別料金となります。

保護者の皆さまへのサポートは1時間8,800円(税込み)のところ、7月までは1時間5,500円(税込み)の特別料金となります。

オンラインはスカイプやZOOMなどで行います。

お問い合わせフォームからお申し込み下さい。

ご相談内容に【オンライン相談希望】とどの講座を希望か入れて下さい。
相談日の候補を3日から5日ほどお知らせ下さい。
相談時間は10時から15時までの間となります。これ以外の時間をご希望の場合もその旨をお知らせください。対応できる場合がございます。

ぜひ、お問い合わせなどお待ちしております。

オンライン個別相談を開始します

以前からずっと迷っていたのですが、現在の様々な状況を考えてオンライン個別相談を開始することにしました。

これまでは、ご相談の入り口である個別相談は対面(実際にお会いしてお話する)という形をとってきました。
しかし、東京近郊以外の方からもご相談のメールをいただいていて、メールで解決する内容であればメールで行っていました。
メールでのやり取りですと、文章にすることで言葉のニュアンスがうまく伝わらなかったり、お客様の表情が見えないのでお悩みの本質が分かりにくいこともあり、「どのようにしたら良いのかなあ・・」とずっと考えておりました。

今回のコロナウイルスの自粛生活が続く中で、皆さまもオンラインで会話することやツールの使い方などに慣れてきて必ずしも実際にお会いしなくてもサポートは出来るのでは?と思い始めました。

オンラインで出来る様々なサービスも検討していますが、まずは個別相談のオンライン化を行って行くことにしました。

とはいえ、私もまだ不慣れな点もあるので、今日から7月までは特別料金にて実施いたします。

60分の基本相談をオンラインで行います。
8,800円のところ、7月31日までは5,500円の特別料金です。
1か月に3名までとします。
Skype(スカイプ)やZOOM(ズーム)等で行います。
その他の方法でも可能です。メールの際にご相談下さい。

ホームページのお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。
ご相談内容に【オンライン相談希望】と入れて下さい。
相談日の候補を3日から5日ほどお知らせ下さい。
相談時間は10時から15時までの間となります。

ぜひ、お問い合わせなどお待ちしております。

 

成年後見人はつける必要があるのか? その3 【誰が成年後見人になるの?】

成年後見人についてのシリーズのその3です。

その1 プロローグ
その2 そもそも成年後見人とは?
も、合わせてご覧ください。

知的障がいのある人や認知症の人に、成年後見人が必要になったら誰がなるのか?

法律で定められている欠格事由に当たらない人であれば、基本的には親族でも専門家でも誰でも良いのです。

とは言え、現在の法律では誰が成年後見人になるかを決定するのは「家庭裁判所」です。

申し立てに基づいて、成年後見人をつける知的障がいのある人や認知症の方の不利益にならないように、候補者の中から決定します。
が、候補者の中に最適と思われる人がいない場合は、候補者からは選ばれない場合もあります。

知的障がいのある人の場合は、その本人の障がいの内容やこれまでの生活の流れ、こだわりなどを理解した人が成年後見人となるのが好ましいと私は考えます。
候補者としては親、きょうだい、親戚、支援者など知的障がいのある人のこれまでの生活を知っている人が良いと思います。
何故なら、本人の為の様々な選択の決定を本人と一緒に考えるのが成年後見人の役割だからです。
本人は分からないから・・と言って勝手に決めたりせず、きちんと本人と向き合ってくれる人でなければいけないからです。

しかし、親やきょうだい、親戚の場合は、相続が発生していたりこれまでに金銭的なトラブルがあったり、資産が多かったりする場合は、いわゆる専門職後見人(弁護士、司法書士、社会福祉士)などが、適切である場合もあります。

成年後見人の申し立てにはある程度時間が必要です。
成年後見人をつけなければならない時にこれらの条件に合った人を探すのはとても大変です。

今すぐに成年後見人が必要でなくても、もしそうなったら誰にお願いしたら良いのかな?ということを家族で話し合っておくと良いですね。

成年後見人はつける必要があるのか? その2 【そもそも成年後見人とは?】

成年後見人とは

「認知症や知的障害等の精神上の疾患により判断能力が著しく低下した方の財産を保護するために、家庭裁判所から選任されて、ご本人の財産保護や身上監護を行う者のこと」です。

知的障がいのある人に成年後見人を付けるかどうかの判断のひとつに

「知的障がいのある成人の方が、相続などの法律にかかわる内容や預金の解約などで、その行為や内容を本人が理解されているかどうか?、自分で判断しているか?、それに関する質問に答えたり選択できるかどうか?」という事があります。

「成人である」というのが重要です。
未成年であれば、重要な手続きを行う際に親権者が行う事が出来ますが、成人になると本人でなければできません。

金融機関は「本人が理解しているか」を重視します。
もし、本人の判断かどうか確認が出来ない場合、「手続きには成年後見人を選任してから行って下さい。」と言われる場合があります。

我が家の場合はどうなるのか?
もし、今法律に関する事項が起きたらどうなるのか?
一度、家族で話し合ってみて下さいね。

 

親あるうちのできること・やっておくべきこと 練馬区福祉園合同福祉講座での講演報告

2018年9月26日に「練馬区福祉園合同福祉講座」の講師として練馬区役所でお話してきました。

テーマは「親あるうちのできること・やっておくべきこと」

障がいのある我が子の将来の為に、親が今からすぐにやるべきことややっておくべきことについてお話しさせて頂きました。

想像以上に練馬区役所のホールが広く100名以上の保護者の皆さまの前でお話するのは、久しぶりに緊張しました。

「親なき後」に様々な問題があることは、近年言われ続けていますが、ではそれを解決するにはどうしたら良いのか?
生活していくのに欠かせないお金の話、個別に家族の状況(構成、収入や支出の額、ご本人の発達の度合いなど)が違うので、これが正解!とは言えない内容です。
でも、親として何を大事にして何を誰にどう残していくか、これはご本人の年齢に関係なく夫婦で話し合っておく事が重要です。

今回の講座ではチェックリストを皆さんに配布してそれぞれで考えて頂きました。
もちろんこのチェックリストもすべてを網羅しているわけではありません。
夫婦や家族で話し合うきっかけにして頂き、家族の状況に応じてアレンジして頂けたらと思っています。

現在の福祉サービスの内容を知り、法律の動向をみて、親として家族にすべき事を考えたり、制度が足りない部分は行政などに声を出したりしていく事も重要です。

講座の翌日に、受講された保護者さまから個別の電話相談をお受けしました。
少しでも皆様の今後のライフプランの設計のお手伝いが出来ましたら嬉しいです。

1 / 212

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite