カテゴリー別アーカイブ: 自立に向けて

自分でできるようにするために工夫していること 星のシール

現在19歳の長男。

生まれた時は
「本当に自分でいろいろとできるようになるのかしら・・・」
と心配していました。

少しずつ、少しずつ前進しています。

着替えで苦労するのが

「前うしろの判断」

学齢の時は購入するTシャツなどは
前にだけ絵があるものや
襟があって絶対に前がどちらか分かるもの
を選んでいました。

身体が大きくなってきて
最近困っているのが

「パジャマ」

サイズ的には紳士物のSサイズがピッタリです。

パジャマの上着でポケットがついているのが
良いのですが、なかなか見つけられません。

大体シマシマとか無地が多いですよね。

「どうしようかな~」と思っていた時に
見つけたのが

これ!

 

本当はタグに貼って誰のものか区別するものみたいなのですが

私はこれをパジャマに貼っちゃいました。

 

このシールのおかげで長男は前が分かって自分で着ることができます。

 

このシール。
長男の布マスクにも貼ってみました。

 

これを貼ったことで時々間違えていた裏表も
間違いが減りました。

シマシマだけのパジャマだと
どっちが前かを毎回声掛けしたり、
間違えてしまったらやり直しを手伝ったりしていましたが
自分で間違えずにできることで、
長男は張り切って着ています。

できないからすべて支援するのではなく

「できるようにするように工夫する!」

これはとても大切なことだと思います。

そして、実はこれ
介護でも応用ができるんです。

「自信をもって自分のことをする」のはとても大事ですね。

 

無料メールマガジンの配信を6月15日から開始します

今日は新しいホームページに掲載する写真撮影の
事前打ち合わせに行ってきました。

当日の洋服やメイクなどについて
打ち合わせしてきました。
撮影は5月末なのですが
今からとても楽しみです。

ホームページのリニューアルを当初は
今年の春頃にと思っていました。
しかし、様々なサービスの内容をじっくり検討したいので
2021年の11月を目指すことにしました。

今予定している新サービスは
Zoomなどでできるオンライン講座や個別相談や
障がいのあるご本人に向けたお金の管理のサポートなどです。

私の一番の願いは

「知的障がいのある人はもちろん、その家族も楽しんでお金を使い
将来に備えて、有意義な人生を送ってもらいたい」

障がいのある人を取り巻く法律や環境は日々変化しています。

そこで、ブログを読んでくださっている方や
相談を検討している方に、より必要な情報をお伝えするために
メールマガジンの配信を開始することにしました。

登録は無料です。

ブログには書けない「ここだけの話」なども
メルマガでお伝えしていきます。

メルマガの配信のスタートは2021年6月15日(火)です。

6月15日の配信スタートまでに事前にご登録いただいた方には
個別相談の無料プレゼントをいたします。

濱倉千晶のメルマガ登録フォームからご登録ください。

こんなことを知りたい!
これはどういうこと?
こんなサービスが欲しい!!
などのご意見などをメッセージでいただけたら
とても嬉しいです。

登録をお待ちしています。

本格的にオンラインでの相談を開始します

寒い日が続きますね。
夕方になって日が落ちると本当に寒いですね。

さて、本日は東京などに新型コロナウイルス関連で緊急事態宣言がでるようです。
こんな事態になるとは想像していなかったので本当に驚きです。
家族が健康で過ごせるようこれからも気を配っていきたいです。

新型コロナウイルスが終息すると思っていたので昨年5月に7月までの限定での料金での相談を行いました。
この様子ですと、新型コロナウイルスとの共存をしながらの生活が続くようなのでオンライン相談の料金なども含めしっかり決めて相談を行います。

近日中に詳細をお知らせしますね。

2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

知的障がいのある人にとって大切な「余暇支援」

「余暇支援」という言葉を聞いて皆さんはどんなことだと思いますか?

知的に障がいのある人や児童生徒にとって、とても大事な言葉です。

「余暇」というとなんとなく空いた時間や自分で使える自由な時間というイメージだと思います。
では、知的に障がいのある人達にとっては?
皆さんは会社に通勤して仕事が終わったら、その後の時間はどうしますか?

・真っ直ぐ家に帰って好きなテレビをみる
・友達と食事や呑みに行く
・趣味の習い事に行く
・映画を観に行く
などなどあるでしょう。

我が家の長男の場合、16時に就労先の仕事が終わるのでそのあとは送迎車で家の近くまで送ってもらいます。
平日の通所終わりにどこかに行くということはありません。

特別支援学校に通っていたころは、放課後等デイサービスがあり学校にデイサービスの支援者の方が迎えに来てくださり、デイサービスでお友達と過ごしたり支援者の方々と様々経験をする時間がありました。

特別支援学校卒業するとこの制度は使えなくなります。

つまり、これまでは自宅、学校以外にも放課後等デイサービスという居場所がありましたが、18歳以上になると自力で外出ができないと自宅と福祉就労先の事業所だけしか行くところがなくなってしまうのです。
知的に障がいのあっても、大勢の人の中で過ごすことはとても重要です。
家族と離れて過ごす時間が発達や自立につながっていきます。
まだまだ若い体力があるうちに親としてはたくさんの経験をさせたいと願っています。

地域によっては、成人の余暇支援活動を行政で行ってくれているところもあります。
国分寺市では公民館にそのような活動があるので、長男も今年度から通い始めました。
行政で行ってくれるのは本当にありがたいです。

月に1回ですが、日曜日にその活動に参加しています。

とは言っても、体力があるので、親も子どもも仲の良いグループで余暇活動を立ち上げました。
こちらは次回に詳しくお話しますね。

知的障がいのあっても地域で生き生きと過ごせる場所がどんどん増えて、そこに関わる支援者もどんどん増えてくれたらなあ・・・と願うばかりです。

 

 

新型コロナウイルス生活で得たもの 長男編

新型コロナウイルスは依然猛威で、私たちはこのウイルスとどのように生きていくか考えていかなくてはなりませんね。

今年の初めにこのウイルスが日本に上陸したと分かったころとは、全く違った生活になっていますね。
ウイルスが終息していつもの生活が戻ってくると信じていましたが、もうそうはいかないようです。
家族で様々な情報を共有して、ウイルスに感染しないための対策をしています。

さて、そんな生活の中で長男が得たものが2つあります。

1つ目は「手洗いが上手にできるようになったこと」です。
長男はこれまで手洗いはいい加減で家族が見ていないとちょっと手を濡らして「洗いました~」みたいな顔をしていました。
ですが、新型コロナウイルスの蔓延で自宅でも通所している事業所でも何度も手洗いを行うことで本当に上手になりました。

石鹸の泡をきちんとつけて手指をこすらせてしっかり洗い、水で流します。
自宅だけでなく、事業所で仲間と一緒に毎日行っていることが習慣につながっていると感じます。

2つ目は「マスクをつけること」です。
これまで、風邪などをひいても咳がひどく出るということもなく、マスクは特別支援学校に通っているときに、調理実習や給食の配膳の際につけるくらいでした。
この時も、積極的に自分からつけることはなく、先生に促されてしぶしぶ・・という感じだったと思います。

今では通所の際の送迎車に乗るところからつけなければなりません。
事業所での作業時も休み時間とお昼ご飯の時以外は、つけなければいけないルールになっています。
最初のころは「マスクをつけて」といっても「やだ!」と抵抗していましたが、送迎車に乗るときは言わなくでも自分からつけています。
家を出るときも雨が降っていて傘をささなければならないときは、しっかり自宅からマスクをしています。

様々なことが、少しずつ出来ていく長男です。
周りの状況をみて、親や事業所の支援者の皆さんの説明を聞いて彼なりに理解しているのだと感じます。

 

オンライン講座 新メニュー開始

先日オンライン個別相談の開始をお知らせしました。
詳細はこちらです。
↓↓↓
オンライン個別相談を開始します

そして、上記に加えてオンラインでできるサポートとして以前から検討していたサービスを新たにスタートすることにしました。

【知的障がいのある人へのサポート】
自分のお金の管理を自分でできるようになるステップアップ講座
日々のお金の管理を一人で、もしくは支援者と一緒にできるようにするサポートです。
ご本人のできることを確認しながら、次のステップへと進んでいきます。
オンラインで行うことで、自宅で受講できるので移動などの負担がありません。
また、保護者や支援者の皆さまも一緒にサポートの内容を聞くことができるので安心です。
毎月の宿題やチェックなどを行って楽しんで進んでいけるようにサポートします。

【知的障がいのある人のいる保護者の皆さまへのサポート】
①ライフプランを考えて様々な資金を準備するための講座
知的障がいのある人のためのお金の準備やきょうだいのためのお金、自分自身のお金の使い方のサポートです。
夢プランの作成の方法、現在の家計の状況など、ご夫婦そろってオンラインで受講できます。(もちろんお一人でもOK!)

②様々な情報共有の方法を実践するための講座
知的障がいのある人の情報や家族で共有すべき事柄をどのように整理して、書類として残していくかをサポートします。ファイリングの方法もサポートします。

③終活準備講座
知的障がいのある人いる家族は早めの終活が必要になります。早ければ早いほど安心です。
家族の問題点や対応すべきことを明確にして実践していくことをサポートします。

それぞれのサポートはまずは基本相談をお受けいただきます。
基本相談にて問題点をはっきりさせ、サポートの内容を決定してスタートいたします。

基本相談は60分目安で8,800円(税込み)のところ、7月までは毎月3組まで5,500円(税込み)の特別料金となります。

ご本人へのサポートは1時間3,300円(税込み)のところ、7月までは1時間2,200円(税込み)の特別料金となります。

保護者の皆さまへのサポートは1時間8,800円(税込み)のところ、7月までは1時間5,500円(税込み)の特別料金となります。

オンラインはスカイプやZOOMなどで行います。

お問い合わせフォームからお申し込み下さい。

ご相談内容に【オンライン相談希望】とどの講座を希望か入れて下さい。
相談日の候補を3日から5日ほどお知らせ下さい。
相談時間は10時から15時までの間となります。これ以外の時間をご希望の場合もその旨をお知らせください。対応できる場合がございます。

ぜひ、お問い合わせなどお待ちしております。

オンライン個別相談を開始します

以前からずっと迷っていたのですが、現在の様々な状況を考えてオンライン個別相談を開始することにしました。

これまでは、ご相談の入り口である個別相談は対面(実際にお会いしてお話する)という形をとってきました。
しかし、東京近郊以外の方からもご相談のメールをいただいていて、メールで解決する内容であればメールで行っていました。
メールでのやり取りですと、文章にすることで言葉のニュアンスがうまく伝わらなかったり、お客様の表情が見えないのでお悩みの本質が分かりにくいこともあり、「どのようにしたら良いのかなあ・・」とずっと考えておりました。

今回のコロナウイルスの自粛生活が続く中で、皆さまもオンラインで会話することやツールの使い方などに慣れてきて必ずしも実際にお会いしなくてもサポートは出来るのでは?と思い始めました。

オンラインで出来る様々なサービスも検討していますが、まずは個別相談のオンライン化を行って行くことにしました。

とはいえ、私もまだ不慣れな点もあるので、今日から7月までは特別料金にて実施いたします。

60分の基本相談をオンラインで行います。
8,800円のところ、7月31日までは5,500円の特別料金です。
1か月に3名までとします。
Skype(スカイプ)やZOOM(ズーム)等で行います。
その他の方法でも可能です。メールの際にご相談下さい。

ホームページのお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。
ご相談内容に【オンライン相談希望】と入れて下さい。
相談日の候補を3日から5日ほどお知らせ下さい。
相談時間は10時から15時までの間となります。

ぜひ、お問い合わせなどお待ちしております。

 

知的障がいのある長男の初給料!!

自宅で籠る毎日が続いていますが、皆さまお元気でしょうか?

4月より福祉就労が始まった長男は事業所が通所を続けて下さっているので、毎日元気に通っております。
そんな長男の通所も1ヶ月が過ぎ、先日初めてのお給料日でした。

毎日の連絡帳の袋にもう一つの袋が入っていました。

現金での支給です。自分で受け取りのハンコも押したようです。

この袋を何度も嬉しそうに眺めます。
自分がお仕事をしてもらったお金だと認識しているようです。

出勤日の夫にも早速メール。
夕飯の時に、長女と三人で「初お給料おめでとう!かんぱーい!!」とジュースで乾杯しました。
本当に長男は嬉しそう。

金額は6,100円。
就労継続B型の事業所です。
就労の形態によって知的障がいのある人の賃金はかなりの差があります。
これを多いと思うか少ないと思うか・・・

知的障がいのある人の生活の実態を一人でも多くの人に知ってもらいたいと思っています。
長男の事業所ではお仕事の実績で工賃にプラスされる金額もあります。
皆一律ではなく、頑張った分も評価してもらえるのはとても嬉しいことです。
給与明細はずっと保存しておこうと思っています。

長男の就労開始!

冷たい雨での新年度スタートになりましたね。
我が家は長男、長女ともに新しい世界に進みます。

今日は、長男の就労第1日目でした。

就労継続B型の事業所に通所が決まり、3月の終わりに受給者証が届き無事に契約を済ませました。

本人はお仕事を始めるのがとても楽しみな様子です。

送迎の車が来ることろまで母と歩き、すんなり車に乗り込んで、振り向きもせず行きました。
9時に出て16時過ぎにには戻ってきます。

帰ってきたら感想を聞いてみようと思います。

この写真は3月の終わりに就労に備えて定期的に通っている耳鼻科に行く時の長男。
慣れた道なら母からどんどん離れて歩きます。
ちょっと小走りな長男。
この道と同じように新しい世界でもまっすぐに彼らしく進んで欲しいです。

コロナウイルスに伴う休校で思う事

2月27日の突然の全国一斉休校要請は私たち子どものいる家族に大きな衝撃を与えました。

我が家も長男は特別支援学校高等部3年、長女は公立中学校3年なので、もちろん報道を見てびっくり!!

今日から二人とも休校になっています。
何より辛かったのは、突然2月28日の1日しか友人や先生と会う事が出来ず、長期休みになってしまった事。
気持ちが追いつかず、なんで、どうして・・・という思いでいっぱい。
二人とも卒業式がどうなるのか?これが一番の問題です。

卒業式は次のステップに向かう為の大きな区切り。
保護者やお世話になった先生、そして大切な友達と一緒に式を作りまた一つ自立していく大事な行事です。
二人とも卒業式は今のところ行われる予定ですが、かなりの縮小をして行われるようです。
長男は在校生は参加しないかもしれません。
長女はこれまでずっと練習してきた歌も代表者の別れの言葉も、証書授与も簡素化のようです。
長女の落ち込みようは見ていて辛いです。

親としての私も大変です。
仕事をしていますから、特別支援学校に通学している長男を日中どうするか?が最大の問題です。
幸い、通所していた2つの放課後等デイサービスの事業所は午前中からの預かりを早めに決定して下さり連絡も頂きました。
ただ、お迎え時間が仕事の開始に間に合わない日が出てきました。

お客様に調整をお願いしましがどうしても動かせない日程もあり、もうその日は長女と二人で家で過ごしてもらうしかありません。

我が家はまだ良いほうなのかもしれません。
ある程度、年齢も大きいですし、きょうだいでいられます。
でも、一人っ子だったり、きょうだいの仲が悪かったりしたら親なしで家にはいられないでしょう。

特別支援学校でも埼玉県では休校にしていないそうです。
様々な子ども達の状況を考慮して下さったのでしょう。

この、政治的な判断が、最終的には良かったと言われるものになって欲しいです。
大きなしわ寄せが子ども達に来ている気がします。
本来、早急にすべき対策はたくさんあったように思います。

明日もお弁当作りです。

 

1 / 3123

お問い合わせフォームからのご相談は1回まで無料です。お問い合わせフォームへ

お電話からのご相談は090-8463-4095 受付時間 平日10:00〜16:00

都合により上記時間帯に電話に出られないことがございます。
目安として下記にて受付可能な時間をお知らせしております。

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 濱倉千晶のブログ

あなたの夢を叶えるお金の使い方をサポートするFP 濱倉千晶のブログ

知的障がいのお子様のいる家族の為の相談室 オフィスアウジーテ Facebookページ


PAGE TOP
copy right Office Augite